menu

MissionEVRIの使命

By EVRI, For Everyone: Innovative Educational Design

EVRIは、”By EVRI, For Everyone: Innovative Educational Design” をミッションとします。

“By EVRI, For Everyone”は、いうまでもなく2つの意味をもつ掛け言葉です。EVRIという組織は,Everyone(すべての子ども,すべての学習者,すべてのひと)のための教育を実現します。

“Innovative Educational Design”は、来るべき社会を先取りし、社会をリードする革新的な教育理念をデザインしたい、その理念を実現するシステムとアクターをはぐくむ創造的な教育活動対話的な教育環境をデザインしたい,このようなEVRIの強い意思を表しています。

私たちは、過去の優れた成果に学び、守るべき価値や手法を継承しつつ、ヒロシマ発、EVRI発の「育てる」「学ぶ」を支える理論・政策・実践を、”By EVRI, For Everyone: Innovative Educational Design” の精神で発信してまいります。このミッションを達成するために、EVRIは次の3つのヴィジョンを設定し,それぞれに対応した具体的な戦略を企画・実行してまいります。

 

 

Vision & StrategyEVRIのヴィジョンと戦略

EVRIは3つの教育ヴィジョンの実現を推進します。

vision.01

vision.02

vision.03

教育のalternativeの提案

教育のreconstructionの促進

教育のinteractionの媒体

vision.01

教育のalternativeの提案

vision.02

教育のreconstructionの促進

vision.03

教育のinteractionの媒体

vision.01

教育のalternativeを提案します

教育のalternativeの提案。これは、インキュベーション拠点の存在意義に関わるヴィジョンといっても過言ではないでしょう。20世紀の教育を仮に”Edu2.0”と称するならば、そのシステムを”Edu3.0”にパラダイムシフトさせる視点と方法を提供すること、EVRIは、この活動に専心します。そのための研究を行います。
このヴィジョンの実現に向けて、以下3つのユニットと6つのクラスタを設置し、組織的に研究を推進することとしました。また、各ユニットのテーマに関わる最新の研究動向・政策を学ぶ「定例セミナー」と、各ユニットの研究成果を発信し、先進的な研究者と交流する「研究拠点創成フォーラム」を定期的に開催します。
・学習空間ユニット: 誰でもいつでも深く共に学ぶことができる学習空間をデザインします
・カリキュラムユニット: 学習者と教師の新たな学びを支援するカリキュラムをデザインします
・教育の専門家ユニット: 教師を支える教育者と研究者に求められる専門性をデザインします

定例セミナーおよび研究拠点創成フォーラムの開催

第1のヴィジョンに基づいて、EVRIが実施してきた「定例セミナー」と「研究拠点創成フォーラム」は、以下のとおりです。

日付 関係するユニット 研究テーマ 講演者 活動報告書
2018.03.12 特別セミナー
「日本とノルウェーの英語教育の比較」
Tony Burner
(サウスイーストノルウェー大学)
梅木璃子(広島大学大学院)
兼重昇(広島大学)
有馬史織(広島大学大学院)
報告書 >
2018.3.10 研究拠点創成フォーラム5
日米欧・3研究ユニット連携
「Reform of Teacher Education and Educational Research in Diverse Society」
Tony Burner
(サウスイーストノルウェー大学)
Christopher Martell
(ボストン大学)
菊地かおり
(筑波大学)
報告書 >
2018.03.04 研究拠点創成フォーラム4
「教育学研究者と教師教育者のアイデンティティ」
小柳和喜雄
(奈良教育大学)
吉水裕也
(兵庫教育大学)
武田信子
(武蔵大学)
三代純平
(武蔵野美術大学)
鋒山泰弘
(追手門学院大学)
ほか

報告書 >

報告書 >

2018.02.17 研究拠点創成フォーラム3
「国際バカロレアDP日本語科目「歴史」授業の構想」
佐久田昌知
(沖縄尚学高等学校)
二井正浩
(国立教育政策研究所)
ほか
報告書 >
2018.02.04 研究拠点創成フォーラム2
「通常の学校における学校全体で取り組む
インクルーシブ教育の実践」
Chris Forlin
(香港教育大学)
Tariq Ahsan
(ダッカ大学)
ほか
報告書 >
2018.01.23 研究拠点創成フォーラム1
広島大学・ソウル大学合同シンポジウム
「Building Bridges: Fostering International
Research Collaboration in Education」
Hojung KIM
(ソウル大学)
金愛蘭
(広島大学)
Jaebum PARK 氏
(ソウル大学)
川口諒,濱本想子
(広島大学大学院)
Jaebum PARK
(ソウル大学)
ほか

報告書 >

報告書 >

報告書 >

2017.12.25 定例セミナー5
(インクルーシブ教育クラスタ関連)
「通常の学級におけるユニバーサルデザインに基づくインクルーシブ教育の実践」
EunMi Cho
(サクラメント州立大学)
報告書 >
2017.12.21 定例セミナー4
(インクルーシブ教育クラスタ関連)
「ノルウェーの教育と多文化主義」
北山夕華
(サウスイーストノルウェー大学)
報告書 >
2017.11.29 定例セミナー3
(教師教育者クラスタ関連)
「ドイツをとおして考える授業研究と教師教育」
Andreas Gruschka
(元フランクフルト大学)
報告書 >
2017.10.24 定例セミナー2
(教師教育者クラスタ関連)
「教師教育者の専門性開発をどう進めるか
-教師を育てるひとの役割、行動と成長-」
武田信子
(武蔵大学)
報告書 >
2017.09.28 定例セミナー1
(IBクラスタ関連)
「Planning for Impact in the Baccalaureate」
David Booker
(UWC Atlantic College,元副校長)
報告書 >
vision.02

教育のreconstructionを促進します

Edu2.0から3.0へのパラダイムシフトは、研究と社会との関わりが欠かせません。
すなわち、教育のパラダイムシフトは、研究者がalternativeを提案して終わりではありません。研究者と当事者が教育の課題と採り得るalternativeについて議論し、それぞれのコンテキストにふさわしい教育のあり方を構想し、実際に作り替え,関係者がその変化の意味や意義を実感できるダイナミックなプロセス=reconstructionを大事にしなくてはなりません。
そこで、EVRIの3つの研究ユニット、6つのクラスタは、たえず社会と接点を築き、教育改革の「プロジェクト」に参画・協力することとしました。国内外のコミュニティや学校、政府や企業等で働く様々な人々と協働しつつ、漸進的にEdu2.0の世界を構築し、各地に多様なEdu3.0の世界を実現していきます。

プロジェクトの例

第2のヴィジョンに基づいて、EVRIが参画・協力してきたプロジェクトは、以下のとおりです。

日付 関係する団体 プロジェクト名 活動報告書
2018.01.9-10 日本スポーツ振興センター 「ペルーに対する体育教師の能力開発支援」の「授業研究」研修の企画・運営の支援 報告書 >
2017.10.26 広島県中学校社会科教育研究会 「第48回広島県中学校社会科教育研究大会」の企画・運営の支援 報告書 >
2017.09~現在 JICA 「カンボジア国教員養成大学設立のための基盤構築プロジェクト」の受託

報告書 >

報告書 >

報告書 >

報告書 >

2017.07.27 広島大学大学院教育学研究科 「高等学校教員のための指導力向上セミナー」の企画・運営の支援 報告書 >
2017.05-2017.07 OECD地方創生
イノベーションスクール2030
広島創生イノベーションスクール「グローカルスクールin広島」の受託 報告書 >
2017.05~現在 ひろしま平和貢献
ネットワーク協議会
「カンボジアにおける持続可能な社会構築のための社会科カリキュラム・教科書開発支援」の企画・運営の支援

報告書 >

報告書 >

報告書 >

報告書 >

報告書 >

報告書 >

vision.03

教育のinteractionの媒体となります

Edu2.0から3.0へのパラダイムシフトを促進するには、ひとの交流が効果的です。
長期的な視野でEdu3.0をデザインし、それを持続可能なカタチで実現していくには、さまざまな地域の若い研究者、若い教師教育者、若い実践者、そして若い政策立案者が、多様なalternativeを語り合い、挑戦的なreconstructionを構想し、その実現を支え合うinteractionの場が欠かせません。
そこで、EVRIはHUGLI(Hiroshima University Global learning Institute 広島大学海外研究拠点)に対する派遣事業の調整と開拓を担うこととしました。EVRIは、現地と関心とニーズが合致する研究者を海外研究拠点に派遣し、研究者は教育の再構築に向けたプロジェクトに従事します。
EVRIは、HUGLIだけでなく、国内外の先端的な研究機関・研究者と交流を深め、3ユニットの拠点化をはかります。とくに東アジア、CLMV諸国、欧米各国との連携を強化し、EVRIはその「ハブ」機能を担います。

派遣・受入の例

第3のヴィジョンに基づいて、EVRIが交流を深めてきた機関と交流は、以下のとおりです。

日付 派遣・交流先 概要 活動報告書
2018.03.09 カンボジア教育・青年・スポーツ省 カンボジア教育・青少年・スポ-ツ大臣に,カンボジアにおけるEVRIの活動を報告。 報告書 >
2018.02.28 シンガポール国立教育研究所(S-NIE) 国際協力研究科で行われているカンボジアの教員養成教育担当者研修の一部として、国際協力研究科、教育学研究科、EVRIの共催でシンポジウム「日本とシンガポールの教員養成システム」を開催。広島大学の中等教員養成カリキュラムの特質と課題について報告。 報告書 >
2018.01.23-24 ソウル大学 教育学部 国際的な研究拠点の構築に向けて、広島大学大学院教育学研究科とソウル大学教育学部との合同シンポジウムを開催。1日目は、言語教育と体育科教育に焦点を当てて基調講演会を開催、2日目は、分科会形式で大学教員と院生が専門分野に関する研究発表と研究交流を実施。

報告書 >

報告書 >

報告書 >

2017.12.01-02 インドネシア教育大学 インドネシア教育大学を訪問し、様々な学術交流を展開。また、教育学研究科とインドネシアの7大学及び教育文化省特別支援教育研修部門と、「インクルーシブ教育研究コンソーシアム」の交流準備協定に調印。 報告書 >
2017.11.27-12.22 カンボジア教員養成大学 カンボジアにおけるJICA技術協力プロジェクト「教員養成大学設立のための基盤構築プロジェクト」の協力事業の一環で、プノンペンとバッタンバンに設立予定の教員養成大学(TEC)の学長・副学長候補9名が来日し、EVRIを拠点に本邦研修を実施。

報告書 >

報告書 >

報告書 >

報告書 >

2017.11.15 ドイツ研究振興協会(DFG) 広島大学とドイツ研究振興協会(DFG)日本代表部の共催で行われた公開サテライトシンポジウム「人文・社会科学のインパクト」において、EVRIの活動を報告するとともに、人文・社会科学の活性化の方策を提言。 報告書 >
2017.10.30 京都大学 「総合研究大学における教員養成のあり方」をテーマとした研究プロジェクトの一貫として、教職ポートフォリオの作成・活用・評価にとりくむ京都大学の教職実践演習を視察。また教員・学生らとの研究協議を実施。 報告書 >
2017.10.13-17 タケオ・地方教員養成センター(RTTC) カンボジアにおけるJICA草の根技術協力事業「カンボジアにおける持続可能な社会構築のためのカリキュラム開発支援」の一環でカンボジア・タケオ州を訪問し、カリキュラムについての開発・改善・ 評価のプロセスに関するセミナーを実施。 報告書 >
2017.09.27-28 ダルマプルサダ大学 EVRIが推進する日本語教育分野における海外研究交流拠点開発の一環で、メンバーの永田がインドネシアのダルマプルサダ大学を訪問。現地のセミナーに参加して現地教員と交流したり、日本語作文スピーチコンテストの審査員を務めるなどの交流活動を実施。 報告書 >
2017.09.25 ウィーン大学 歴史学部 広島大学大学院教育学研究科とオーストリア・ウィーン大学歴史文化学部が部局間学術交流協定を結ぶ支援を行う目的で、センター長が現地を訪問。共同研究ならびに学術会議の相互開催などについて協議。 報告書 >
2017.09.19 インドネシア教育大学 インドネシア教育大学の教員5名が本学教育学研究科を訪問し、EVRIにおいて対応。教師教育に関する共同研究の可能性について協議。 報告書 >
2017.09 カンボジア教育・青年・スポーツ省 カンボジアにおける JICA 技術協力プロジェクト「教員養成大学設立のための基盤構築プロジェクト」 の協力事業の一環で、プノンペンの教育省および準備事務所を訪問。研修に向けた協議と聞き取り調査を実施。
2017.07.27-28 プノンペン王立大学 プノンペン王立大学教育学研究科の研究科長、副研究科長が本学教育学研究科を訪問し、EVRIにおいて応対。教師教育に関する共同研究の可能性について協議。 報告書 >
2017.07 カイロ大学 カイロ大学文学部に「日本研究所」が開設されたことを記念し、日本の初等中等教育及び高等教育の歴史・思想・制度について報告。カイロ大学と広島大学の交流のさらなる活性化策をめぐって意見交換。

ContactEVRIとの共同事業等へのお誘い

私たちEVRIは、これらのミッションとヴィジョンを達成するために、共同事業、共同研究、受託研究および講演等をお引き受けいたします。
ご依頼やご質問は、EVRIの運営支援チームに遠慮なくお問い合わせください。連絡先は次のとおりです。

e-mail :evri-info@hiroshima-u.ac.jp
Tel & Fax: 082-424-5265
contact >