menu
rap-dela-rea-wzimcgu4n_A-unsplash (1)
ヒロシマ平和教育者アーカイブ

Slide

このアーカイブは,原子爆弾による未曾有の被害と復興,そして平和への意思を受け継ぐために活動する(元)教師=ヒロシマの平和教育者へのインタビューをまとめたものです。

また,平和教育者へのインタビューに対する有識者コメントも掲載しています。

平和教育・教師教育等でご自由にご活用ください。

1.三世代の平和教育者へのインタビューと有識者コメント

 

Slide

広島で平和教育に取り組まれてきた三世代の教員にインタビューを行いました。
インタビューでは以下の5つの質問をしました。

1. あなたが教職を目指したきっかけをお聞かせください。
2. あなたは教師として「平和」「広島」をどのように教えてきましたか。
3. 「平和」「広島」を教える上で特に大事にしてきたこと(ねらい)と, それを教える上での困難と励みを教えてください。
4. ご自身の視点から見て,「広島の平和教育」とは何だったのでしょうか。
5. 世界の教育者に向けてメッセージをお願いいたします。

また,広島大学の二人の研究者にコメントをしていただきました。
インタビューの背景的文脈の理解のために,あわせてご覧ください。

以下のビデオをご覧になる際は、字幕「cc」をご利用されることをお勧めいたします。youtube動画下の「…」から「文字起こしを開く」で全文をご覧いただけます。

 

FILE 01 : 森下 弘(もりした ひろむ) 先生

 

FILE 02 : 多賀 俊介(たが しゅんすけ) 先生

 

FILE 03 : 野元 祥太郎(のもと しょうたろう) 先生

 

川口隆行先生のコメント(日本語)

 

丸山恭司先生のコメント(英語)

 

2.(2021年度の企画のタイトルが入ります)

Slide

(ここに。2021年度に実施したインタビューの趣旨説明が入ります。)

1. 教師になろうと思ったきっかけは何ですか?
2. どのように平和教育をしてきましたか?
3. 広島を教えるにあたっての励みと困難は何でしたか?
4. 広島における平和教育はあなたにとってどんな意味がありますか?
5. 世界の平和教育者に向けてのメッセージをお願いします。

また,広島大学の二人の研究者にコメントをしていただきました。
インタビューの背景的文脈の理解のために,あわせてご覧ください。

(ここから,1章と同じように動画が入ります。)

Slide

このアーカイブは,「PELSTE2021」および「PELSTE2022」プロジェクトの一環で作成されたコンテンツを活用して,EVRIが構築・管理しています。

 

お問い合わせは以下にお願いします
e-mail :evri-info@hiroshima-u.ac.jp
Tel & Fax: 082-424-5265
contact >