menu

JP/EN


0. はじめにPELSTEとは

2020年1月、教育ヴィジョン研究センター(EVRI)は,INEI加盟を記念して,また東アジアにおける教育学研究の拠点として,INEI加盟大学の研究者と連携を深める「Peace Education and Lesson Study for Teacher Educator 2020(略称:PELSTE2020)」を企画しました。これは、広島大学が強みとする「平和教育」と「授業研究」,そして「教師教育者の養成」に焦点をあててその成果を世界に発信する取組です。

翌2021年3月には,INEI加盟大学とのさらなる連携・交流を深める特別プログラム 「PELSTE2021」をオンラインで開催しました。PELSTE2021は,広島大学が「平和教育」と「授業研究」の国際的な(東アジアの)拠点として発展し広く認知されるように,海外の研究者に研究・教育の動向に関する最新情報の提供と研究交流のプラットフォームを提供すること,また参加者間の共同研究の芽を形成するとともに,次回PELSTE2022への関心と参加意欲を醸成し,3年後のINEI年次総会・広島開催に向けての地ならしとすることを目的として開催されました。加盟大学から推薦された若手研究者6名(アメリカ,ブラジル,カナダ,シンガポール,韓国の各加盟大学から推薦)が,EVRIが提供した事前研修教材を参考に,調査・研究してきた成果を発信しました。また,これからの「平和教育」と「授業研究」のあり方を国際的な視野から提案し,参加者と意見交換しました。

2022年度も,INEI加盟大学事業として「PELSTE2022」をオンラインで開催します。PELSTE2022は,授業研究(Lesson Study)に焦点を当てた企画となる予定です。このページでは,PELSTE2022の開催案内や資料の掲載,および成果の報告を発信していきます。

 

ご挨拶草原和博(EVRIセンター長)

パンデミックが続く中、PELSTE2022をオンラインで開催できることを大変光栄に思います。

PELSTEは、日本の象徴的な場所である広島で、平和教育や授業研究の目的を研究者が一堂に会して熟考することを目的に設立されました。

広島は、平和教育や授業研究を調査するための資料の宝庫です。
PELSTE2020では、訪問、観察、インタビュー、参加者とのディスカッションを通して、これらの資料をより深く理解することができました。パンデミック下でのPELSTE2021では、これらの活動の代わりに、様々な間接的な体験型メディアを提供しました。PELSTE2022では、過去のPELSTEに参加した研究者の授業研究の実践と成果を共有する機会を提供したいと思います。

広島は、平和への探求とレッスン・スタディの交差点です。
世界中の若い研究者たちが、オンライン・ダイアログを通じて、教育における「平和」についての考えを交換し、それぞれの文化的文脈や学問的ビジョンから「授業」を研究・調査する方法論を共有することを期待しています。

広島は、革新的な平和教育と授業研究のためのインキュベーションの場です。 PELSTE2022をきっかけに、多くの研究者が広島を訪れ、広島大学の先生方との連携が強化され、共同研究のためのアイデア交換がさらに進むことを期待しています。

PELSTE 2022へのご参加を心よりお待ちしております。オンラインでお会いできることを楽しみにしています。

広島大学教育ヴィジョン研究センター長 草原和博



Program Information

 

 EVRI-HU PELSTE 2022 Localizing Lesson Study:
The Cases of America, Brazil and India

目的
新たな文脈で授業研究を実践した3人の教師教育者の事例を通して、教師教育における授業研究の可能性を検討するとともに、授業研究のローカライゼーションに必要な要素を考えます

■ 日時
2022年2月5日(土曜日)22:00-24:00

February 5, 2022 (Saturday); 22-24 (Japan); 21-23 (Singapore); 13-15 (London); 10-12 (Sao Paulo); 7-9 (Madison)
*Please register by 6:00 pm JST on February 4, 2022(Fri.)

  会場
オンライン会議 Zoom を使用します

  内容
Introduction (Kazuhiro Kusahara, Director, EVRI, Hiroshima University, Japan)
(Jongsung Kim, Hiroshima University, Japan)
Presentation 1 (Agnaldo Arroio, University of São Paulo, Brazil)
Presentation 2 (Indira Subramanian, NIE, Singapore)
Presentation 3 (Kaycee Rogers, University of Wisconsin-Madison, USA)
Discussion 1 (Catherine Lewis, Mills University, USA)
Discussion 2 (Lee Kim Eng Christine, NIE, Singapore)
Presenters answer to the comments of the discussants Q&A with the audiences Closing (Norio Matsumi, Dean, School of Education, Hiroshima University , Japan)

  主催
広島大学INEI委員会
広島大学教育ヴィジョン研究センター

  共催
令和3年度広島大学教育学部共同研究プロジェクト「「授業研究」に基づく教師教育に関する国際共同研究プラットフォーム開発研究(2)」(研究代表者:金鍾成)

  申込
参加をご希望される方は,下記のフォームからお申込みください。
本セミナーは,Zoom接続にて開催をいたします。
オンラインセミナーに参加するためのアクセス情報は、セミナーの前日までに送付されます。
Zoomの接続に不安な方は,事前にメールでご相談ください。
*参加費無料 Zoomの基本操作については,コチラを参照ください。https://support.zoom.us/hc/ja/categories/200101697

  言語 English

●セミナー中の発表資料および開催報告はこちらのページより取得いただけます。
 ▶Forum No.31オンラインセミナー開催報告(準備中)
●当日の対応や参加上の注意点などはこちらをご確認いただけますと幸いです
 ▶注意事項(お名前変更等)と緊急時対応
●セミナー後、アンケートにご協力ください。または,本セミナーのHPからもご回答頂けます。

ご回答はコチラから

※必須項目を記入し、送信ボタンを1度押してください
(Please fill in the required items and press the send button once)

EVRIフォーラムNo.31_PELSTEーPEのサムネイル

過去の開催はこちら

 

PELSTE 2020および2021の成果は,下記のバナーよりご覧ください。



Posterポスター

PELSTE 2020の成果をまとめたポスターです。

200315_05_PELSTE_allのサムネイル
PDF file >

PELSTE 2021の成果をまとめたポスターです。


5.Contact

PELSTEについてお気軽にお問い合わせください
e-mail :evri-info@hiroshima-u.ac.jp
Tel & Fax: 082-424-5265
contact >