menu

定例オンラインセミナー講演会No.157「複数教科の教員免許を取得することの意味を考える」を開催します。(2024.02.24)

公開日:2024年01月14日 カテゴリー:お知らせ
157のサムネイル

 

免許外教科担任制度や特別免許状の授与等によって,日本における教員免許の地位は昨今大きく揺らいでいる。一方,この状況下で,数学×社会や国語×音楽のように,複数の教科で教員免許を取得する者も存在する。彼らは,なぜそのような選択をしたのか。そして,免許を取るための過程で何を学んだのか。4名の取得者を事例に,教科教育の実践者を育てるための方略について検討する。

●セミナー中の発表資料および開催報告はこちらのページより取得いただけます。▶第157回セミナー開催報告(準備中)
●当日の対応や参加上の注意点などはこちらをご確認いただけますと幸いです。▶注意事項(お名前変更等)と緊急時対応
●セミナー後,アンケートにご協力ください。または,本セミナーのHPからもご回答頂けます。▶セミナー終了後のアンケート

 
【日時】 2024年2月24日(土曜日) 10:00-11:30(申し込み期限:2024年2月23日18:00)
【会場】 オンライン会議 Zoomを使用します
【演題】
定例オンラインセミナー講演会No.157「複数教科の教員免許を取得することの意味を考える」
【内容】

・10:00-10:05:趣旨説明
  吉田純太郎(広島大学大学院・院生/日本学術振興会特別研究員)
・10:05-10:45:研究報告
  嶋田亘佑(広島大学大学院・院生)
  武島千明(広島大学大学院・院生)
  吉田純太郎(広島大学大学院・院生/日本学術振興会特別研究員)
・10:45-11:15:指定討論
  大坂遊(周南公立大学)
  詫間千晴(岡山大学)
・11:15-11:25:質疑応答
・11:25-11:30:まとめ

【主催】 広島大学教育ヴィジョン研究センター(EVRI)
【申込】
本セミナーは,Zoom接続で開催をいたします。
オンラインセミナーに参加するためのアクセス情報は、セミナーの前日までに送付されます。
Zoomの接続に不安な方は,事前にメールでご相談ください。
*参加費無料
Zoomの基本操作については,コチラを参照ください。https://support.zoom.us/hc/ja/categories/200101697
【言語】
日本語

 

※必須項目を記入し、送信ボタンを1度押してください(Please fill in the required items and press the send button once)

フォ―ムよりお申込みください

※イベント一覧に戻るには、「EVENT LIST」かコチラをクリックしてください。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。