menu

定例オンラインセミナー講演会No. 106「教科教育学・心理学・日本語教育学の視点からインクルーシブな学びを考える(6)日本語を第二言語とする児童生徒の学びにくさへの支援「高校における言語的・文化的に多様な生徒の教育を考える」」を開催します(2022.2.11)

公開日:2022年01月07日 カテゴリー:お知らせ
106のサムネイル

近年,学校教育の現場では言語的・文化的に多様な児童生徒が増加しています。これらの児童生徒は学校教育の中でさまざまな「学びにくさ」を抱えています。
今回のセミナーでは,これまで着目されることが少なかった「高校」に着目して,そこにどのような問題が存在するのかを参加者のみなさんと考えたいと思います。

●セミナー中の発表資料および開催報告はこちらのページより取得いただけます。▶第106回オンラインセミナー開催報告(準備中)
●当日の対応や参加上の注意点などはこちらをご確認いただけますと幸いです。▶注意事項(お名前変更等)と緊急時対応
●セミナー後,アンケートにご協力ください。または,本セミナーのHPからもご回答頂けます。ご回答はコチラから

 
【日時】 2022年2月11日(金)13:30-14:30(申し込み期限:2022年2月10日18:00)
【会場】 オンライン会議 Zoom を使用します
【演題】 定例オンラインセミナー講演会No. 106「教科教育学・心理学・日本語教育学の視点からインクルーシブな学びを考える(6)日本語を第二言語とする児童生徒の学びにくさへの支援「高校における言語的・文化的に多様な生徒の教育を考える」」を開催します(2022.2.11)
【内容】
趣旨説明               永田良太(広島大学)
話題提供① 研究の現状と課題      江副命(広島大学大学院生)
話題提供② 人間関係構築の観点から   土橋洋平(明徳義塾中学・高等学校)
質疑応答・意見交換 
【主催】 ・広島大学教育ヴィジョン研究センター(EVRI)
【後援】
・広島SDGsコンソーシアム
【申込】
参加をご希望される方は,下記のフォームからお申込みください。
本セミナーは,Zoom接続にて開催をいたします
オンラインセミナーに参加するためのアクセス情報は、セミナーの前日までに送付されます。
Zoomの接続に不安な方は,事前にメールでご相談ください。
*参加費無料
Zoomの基本操作については,コチラを参照ください。https://support.zoom.us/hc/ja/categories/200101697
【言語】
日本語

 

※必須項目を記入し、送信ボタンを1度押してください(Please fill in the required items and press the send button once)

フォ―ムよりお申込みください(日本語)

※イベント一覧に戻るには、「EVENT LIST」かコチラをクリックしてください。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。