menu

第80回定例オンラインセミナー「授業研究を軸に教師教育を変革する(7)―ドイツにおける授業研究と教師教育」を開催します(<広島大学教育学部とライプツィヒ大学教育科学部との部局間交流協定に基づく研究交流会>と同時開催)(2021.06.10)

公開日:2021年05月04日 カテゴリー:イベント
No.80のサムネイル

日本の授業研究がLesson Studyとして世界的に展開される中で、ドイツでは教育学研究としての質的・再構成的な授業研究が展開されてきている。ドイツでは授業研究はどのように展開され、また教師教育においてどのような注目がなされているのか、“Lesson Study-based Teacher Education”(Routledge, 2021)に所収された論考に基づいて「ドイツの授業研究と教師教育」の実際について検討する。

●セミナー中の発表資料および開催報告はこちらのページより取得いただけます。▶第80回オンラインセミナー開催報告(準備中)

●当日の対応や参加上の注意点などはこちらをご確認いただけますと幸いです。▶注意事項(お名前変更等)と緊急時対応
●セミナー後、アンケートにご協力ください。または,本セミナーのHPからもご回答頂けます。ご回答はコチラから

 
【日時】 2021年 6月 10日(木)16:30-18:00(お申込みは, 2021年 6月 9日 18時まで)
【会場】 オンライン会議 Zoom を使用します
【演題】 第80回定例オンラインセミナー「授業研究を軸に教師教育を変革する(7)―ドイツにおける授業研究と教師教育」(<広島大学教育学部とライプツィヒ大学教育科学部との部局間交流協定に基づく研究交流会>と同時開催)
【内容】 開会のあいさつ・趣旨説明
 司会者:金 鍾成・川口広美
報告「ドイツにおける授業研究と教師教育」
ライプツィヒ大学一般教授学研究室 Maria Hallitzky教授
Emi Kinoshita研究員
Christian Herfter研究員
Karla Spendrin研究員
Mamadou Mbaye研究員
コメント「世界の授業研究からみたドイツの授業研究の特徴」
サルカール・アラニ・モハメッド・レザ教授(名古屋大学)
質疑応答とディスカッション
司会者のまとめと次回のご案内
【主催】
・広島大学教育ヴィジョン研究センター(EVRI)
【共催】 ・科学研究費(国際共同研究加速基金(国際共同研究強化))「コンピテンシー志向の授業づくりに関する日独比較国際研究」(研究代表者:吉田成章_17KK0050)
・科学研究費(基盤研究(B))「『授業研究』を軸としたコンピテンシー志向の教師教育に関する日独比較国際共同研究」(研究代表者:吉田成章_19H01629)
・日本学術振興会・二国間交流事業共同研究「『民主的な授業づくり』のための国際協働授業研究ネットワークの構築に関する研究」(研究代表者:吉田成章_JPJSBP 120213506)
【申込】
参加をご希望される方は,下記のフォームからお申込みください。
オンラインセミナーに参加するためのアクセス情報が登録メールアドレスに送付されます。そのメールを保管ください。
本セミナーは,Zoom接続にて開催をいたします(スマホでも参加可能です)。
Zoomの接続に不安な方は,事前にメールでご相談ください。
*参加費無料
Zoomの基本操作については,コチラを参照ください。https://support.zoom.us/hc/ja/categories/200101697

【言語】
日本語・英語・ドイツ語(通訳あり)

※必須項目を記入し、送信ボタンを1度押してください(Please fill in the required items and press the send button once)


※イベント一覧に戻るには、「EVENT LIST」かコチラをクリックしてください。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。