menu

第82回定例オンラインセミナー「広島大学・ダルマプルサダ大学による研究交流会(1)」を開催します(2021.06.21)

公開日:2021年05月02日 カテゴリー:イベント
No.82のサムネイル

広島大学・EVRIでは,広島大学型教育を世界展開することを目指すHUGLI(Hiroshima University Global Learning Institutes)構想の一環として,ダルマプルサダ大学(インドネシア)との交流を行ってきました。今回の研究交流会では,広島大学の大学院生とダルマプルサダ大学の教員が,自らの研究をそれぞれ紹介することをとおして,両大学における研究活動を知るとともに研究交流を深めます。

●セミナー中の発表資料および開催報告はこちらのページより取得いただけます。▶第82回オンラインセミナー開催報告(準備中)

●当日の対応や参加上の注意点などはこちらをご確認いただけますと幸いです。▶注意事項(お名前変更等)と緊急時対応
●セミナー後、アンケートにご協力ください。または,本セミナーのHPからもご回答頂けます。ご回答はコチラから

 
【日時】 2021年6月21日(月)18:00-19:40(事前申込み:2021年6月20日18:00)
【会場】 オンライン会議 Zoom を使用します
【演題】 第82回定例オンラインセミナー「広島大学・ダルマプルサダ大学による研究交流会(1)」
【内容 趣旨説明 永田良太(広島大学)
報告①「インドネシア語と日本語の談話における「ほめ」」Mutia Kusumawati(広島大学大学院生)
報告②「有生性の階層と日本語の存在表現「ある」と「いる」におけるその役割」Teresa Angelina Kaluge(ダルマプルサダ大学)
質疑①
報告③「インドネシア文化における依頼表現に関する研究」Zulfikar Rachman(広島大学大学院生)
報告④「JFスタンダードに基づく中級日本語文法デジタルメディア教材開発」Andi Irma Sarjan(ダルマプルサダ大学)
質疑②
総括
【共催】 ・広島大学教育ヴィジョン研究センター(EVRI)
・プルサダ・広島大学共同プロジェクトセンター
【申込】
参加をご希望される方は,下記のフォームからお申込みください。
オンラインセミナーに参加するためのアクセス情報が登録メールアドレスに送付されます。そのメールを保管ください。
本セミナーは,Zoom接続にて開催をいたします(スマホでも参加可能です)。
Zoomの接続に不安な方は,事前にメールでご相談ください。
*参加費無料
Zoomの基本操作については,コチラを参照ください。https://support.zoom.us/hc/ja/categories/200101697

【言語】
日本語

※必須項目を記入し、送信ボタンを1度押してください(Please fill in the required items and press the send button once)


※イベント一覧に戻るには、「EVENT LIST」かコチラをクリックしてください。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。