menu

第89回定例オンラインセミナー「教科教育学・心理学・日本語教育学の視点からインクルーシブな学びを考える(3)国語科教育のインクルーシブ化に向けて」を開催します(2021.08.28)

公開日:2021年06月17日 カテゴリー:お知らせ
No.89のサムネイル

教科「国語」(国語科教育)は、多様性を包摂することばの学びの場になり得るのでしょうか。現状では、国語科教育は、「包摂=インクルージョンの場」であるとは言い難い状態です。国語科教育のインクルーシブ化を実現させるためには、(1)国語科カリキュラムのインクルーシブ化と、(2)国語科授業のインクルーシブ化の、2つの方向性があります。それぞれに焦点化することで、私たちにできることを考えてみたいと思います。

●セミナー中の発表資料および開催報告はこちらのページより取得いただけます。▶第89回オンラインセミナー開催報告(準備中)

●当日の対応や参加上の注意点などはこちらをご確認いただけますと幸いです。▶注意事項(お名前変更等)と緊急時対応
●セミナー後、アンケートにご協力ください。または,本セミナーのHPからもご回答頂けます。ご回答はコチラから

 
【日時】 2021年8月28日(土)14:00-16:00(申し込み締め切り:2021年8月27日18時)
【会場】 オンライン会議 Zoom を使用します
【演題】 第89回定例オンラインセミナー「教科教育学・心理学・日本語教育学の視点からインクルーシブな学びを考える(3)国語科教育のインクルーシブ化に向けて」
【内容】 講演    「国語科教育のインクルーシブ化に向けて」原田大介(関西学院大学)
実践報告    「「生徒の学習特性に応じた読解方略指導の試みー高等学校評論文指導における取り組みから―」登城千加(広島大学大学院生・現職教員)
講師・報告者・フロア・企画者による実践についての協議
【講師紹介】

原田大介(はらだ だいすけ)氏 関西学院大学教育学部 教授 博士(教育学)

 1977年愛知県生まれ。2007年広島大学大学院教育学研究科博士課程後期修了。小学校教員、福岡女学院大学講師、関西学院大学准教授を経て、2020年4月から現職。学術論文「国語科教育におけるインクルージョンの観点の導入―コミュニケーション教育の具体化を通して」『国語科教育』第74集において、全国大学国語教育学会優秀論文賞を受賞。『インクルーシブな国語科授業づくり』(明治図書出版, 2017)、『よくわかるインクルーシブ教育』(ミネルヴァ書房, 2019)、『インクルーシブ授業の国際比較研究』(福村出版, 2018)、『インクルーシブ授業をつくる』(ミネルヴァ書房, 2015)など。

【主催】 ・日本生命財団「児童・少年の健全育成委託研究」「学びのユニバーサルデザインに基づく日本型インクルーシブ教育システムのロールモデルの開発」(研究代表者:川合紀宗)
【共催】 ・広島大学教育ヴィジョン研究センター(EVRI)
・広島大学大学院人間社会科学研究科附属特別支援教育実践センター
・広島大学-長春大学特別支援教育研究センター
【後援】 ・広島SDGsコンソーシアム
【申込】
参加をご希望される方は,下記のフォームからお申込みください。
オンラインセミナーに参加するためのアクセス情報が登録メールアドレスに送付されます。そのメールを保管ください。
本セミナーは,Zoom接続にて開催をいたします(スマホでも参加可能です)。
Zoomの接続に不安な方は,事前にメールでご相談ください。
*参加費無料
Zoomの基本操作については,コチラを参照ください。https://support.zoom.us/hc/ja/categories/200101697
【言語】
日本語

※必須項目を記入し、送信ボタンを1度押してください(Please fill in the required items and press the send button once)


※イベント一覧に戻るには、「EVENT LIST」かコチラをクリックしてください。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。