menu

2020년 동아시아 사회과교육 심포지움 (제2부) 히로시마대학 교육비전연구센터 (EVRI) 연구거점창조포럼 No.23 / 2020年度東アジア社会科教育シンポジウム(第2部) 広島大学教育ヴィジョン研究センター研究拠点創成フォーラムNo.23「타자의 이야기에 열려 있는 사회과교원양성의 디자인리서치-국가의 담론을 넘어선 상호이해의 추구-」「他者の語りに開かれた社会科教員養成のデザインリサーチ―国の言説を乗り越える相互理解を目指して―」(2021.02.27)を開催します

公開日:2021年01月17日 カテゴリー:イベント
Forum No.23 2のサムネイル Forum No.23 1のサムネイル

동일한 역사적・사회적 사건이라 할지라도, 나라에 따라 그 사건은 다른 형태로 기억된다. 이러한 국가 간의 이야기의 다름을 넘어선 사회과교육은 어떻게 실현 가능한가? 또한, 그러한 사회과교육을 실천할 수 있는 교원을 어떻게 육성할 수 있는가? 이번 세미나에서는 한국과 일본의 사회과 예비교사들이 참가한 “보다 좋은 히로시마 교과서 만들기 프로젝트”를 사례로 위의 질문에 답하고자 한다.

同じ歴史的・社会的出来事であっても、国によってその出来事は異なる形で記憶される。このような語りの相違を乗り越える社会科教育はどのように実現できるか。またそのような社会科教育が実践できる教員をどのように育成することができるか。本セミナーでは、日本と韓国の社会科教員志望学生が参加した「より良い「ヒロシマ」教科書づくりプロジェクト」を事例に上記の問いに答えます。

セミナー中の発表資料および開催報告はこちらのページより取得いただけます。▶フォーラムNo.23資料掲載置場

当日の対応や参加上の注意点などはこちらをご確認いただけますと幸いです。▶注意事項(お名前変更等)と緊急時対応   (▶help for online devise)
セミナー後、アンケートにご協力ください:アンケートフォーム


 
일시 (日時) ●일시: 2021년 2월 27일(토요일) 14:00-16:00
日時:2021年2月27日(土)14:00-16:00

*Deadline of Registration:February 26, 2021 (Fri.)18:00
●Zoom을 사용한 온라인 심포지움입니다.(オンライン会議 Zoom を使用します)
타자의 이야기에 열려 있는 사회과교원양성의 디자인리서치-국가의 담론을 넘어선 상호이해의 추구-
他者の語りに開かれた社会科教員養成のデザインリサーチ―国の言説を乗り越える相互理解を目指して―
사회 (司会) ●카와구치 히로미 (히로시마대학)川口広美(広島大学))
발표자 (話題提供者)  ●김종성 (히로시마대학)(金鍾成(広島大学))
한국과 일본의 사회과 예비교사들에 의한 “보다 좋은 히로시마교과서만들이 프로젝트”
日韓の社会科教員志望学生による「より良いヒロシマ教科書づくりプロジェクト」
지정토론 (指定討論者)
●후지와라 타카아키 (도시샤여자대학) (藤原孝章(同志社女子大学))
●이정희 (광주교육대학)  (李貞姫(光州教育大学))
주최 (主催)  ●과학연구비「타자의 이야기에 열려 있는 교육관을 육성하는 사회과교원양성의 디자인리서치」(연구대표자:김종성_19K14238)
(科研_若手研究「他国の語りに開かれた教育観を育成する社会科教員養成のデザインベースド・リサーチ」(科研代表者:金鍾成_19K14238))
공동주최 (共催)
●히로시마대학 교육비전연구센터 (EVRI) (広島大学教育ヴィジョン研究センター(EVRI))
●International Social Studies Association (ISSA)     

●일본전국사회과교육학회(JERASS)(日本全国社会科教育学会)
●한국사회교과교육학회(韓国社会教科教育学会)

주의사항 (注意事項)
●본 행사에 참가하기 원하시는 경우, 아래의 항목을 작성하신 후 송신하여 주시기 바랍니다.
参加をご
希望される方は,下記のフォームからお申込みください。オンラインセミナーに参加するためのアクセス情報をお知らせします。本セミナーは,Zoom接続にて開催をいたします(スマホでも参加可能です)。後日お知らせするURLに接続をしていただくだけで参加することができます。
언어 (言語) ●日本語・韓国語(通訳:車・ボウン, 延世大學校 敎育硏究所 연세대학교교육연구소)

 

※必須項目を記入し、送信ボタンを1度押してください(여기를 눌러 신청해주세요)

여기를 눌러 신청해주세요


※イベント一覧に戻るには、画像をクリックしてください。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。