menu

第69回定例オンラインセミナー「教師教育者のためのセルフスタディー研究の歴史・思想から実際までー(3)」を開催します(2021.02.07)

公開日:2020年12月13日 カテゴリー:イベント
セルフスタディ69のサムネイル

セルフスタディとは,協働的に自らの教師教育実践を探究し発展させることを目指して行われる実践研究の国際的な方法論です。本シリーズでは,日本においてセルフスタディをどのように受容し展開すべきかを,その歴史・思想と実際から検討していきます。

セミナー中の発表資料および開催報告はこちらのページより取得いただけます。▶第69回オンラインセミナー開催報告(※準備中)
当日の対応や参加上の注意点などはこちらをご確認いただけますと幸いです。▶注意事項(お名前変更等)と緊急時対応
セミナー後、アンケートにご協力ください:アンケートフォーム

過去のセミナーの開催報告はこちら
第49回定例セミナー「教師教育者のためのセルフスタディー研究の歴史・思想から実際までー(1)」
開催報告ページへ▶ https://evri.hiroshima-u.ac.jp/12656
第58回定例セミナー「教師教育者のためのセルフスタディー研究の歴史・思想から実際までー(2)」
開催報告ページへ▶ https://evri.hiroshima-u.ac.jp/14154


【日時】 2021年2月7日(日)14:00-15:30(申込締切:2月6日 18時
【会場】 オンライン会議 Zoom を使用します
【演題】 第69回定例セミナー「教師教育者のためのセルフスタディー研究の歴史・思想から実際までー(3)」
【展開】 海外セルフスタディ研究の紹介
金鍾成(広島大学)
セルフスタディ事例紹介
渡邉巧(広島大学)・大坂遊(徳山大学)
指定討論
大村龍太郎(東京学芸大学)・吉田成章(広島大学)
【主催】 広島大学教育ヴィジョン研究センター(EVRI)
【共催】

・『セルフスタディをどのように行うか-教師教育者による研究と専門性開発のために-』出版準備グループ(編者・齋藤眞宏・大坂遊・渡邉巧・草原和博)

・科研_若手研究「駆け出し社会科教師の専門性開発研究:「理論的根拠」の形成支援に注目して」(研究代表者:大坂遊(19K14221)

・科研_基盤研究(C)「先生の先生」をいかにして育てるか-教師教育者の専門性開発-」(研究代表者:草原和博18K02669)

【申込】 参加をご希望される方は,下記のフォームからお申込みください。
オンラインセミナーに参加するためのアクセス情報をお知らせします。
本セミナーは,Zoom接続にて開催をいたします(スマホでも参加可能です)。
後日お知らせするURLに接続をしていただくだけで参加することができます。
Zoomの接続に不安な方は,事前にメールでご相談ください。
*参加費無料
【言語】 日本語

 

※必須項目を記入し、送信ボタンを1度押してください(Please fill in the required items and press the send button once)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。