menu

【2020.11.14】第53回定例オンラインセミナー「国際バカロレアDPは教師・授業・学校・地域をどのように変えるのか」を開催しました

公開日:2020年11月14日 カテゴリー:開催報告

.開催報告

2020年11月14日(土)に定例オンラインセミナー講演会No.53「国際バカロレアDPは教師・授業・学校・地域をどのように変えるのか」を開催しました。学校教員、大学生・大学院生、教育関係者、保護者など、74名の皆様にご参加いただきました。

本セミナーでは、全国各地で国際バカロレア(IB)のディプロマ・プログラム(DP)に取り組んでおられる先生方から実践報告をいただき、世界標準の教育といわれる国際バカロレアのプログラムを学校教育に導入することが、教師、授業、学校、地域の教育にどのようなインパクトをもたらしているのかについて理解を深めるとともに、グローバル社会で活躍できる人材の育成に向けた、これからの高校教育改善のためのヒントを探ることをねらいとしました。

最初に、広島大学教育ヴィジョン研究センター(EVRI)・センター長の草原和博先生より、挨拶として、本セミナーへの期待が述べられました。続いて、本セミナーの趣旨及びIBの概要を確認し、実践報告へと進行しました。

 

実践報告1として、藤澤誉文先生から、「IB・DPは教師をどのように変えるのか~生徒への学びの返還~」と題したご発表をいただきました。自身の体験や授業実践の事例、同僚の先生の話などの分析を通して、IBと出会うことにより、教師としての授業観や教育観がどのように変容しているのかが示されました。

実践報告2として、藤村祐子先生から、「国際バカロレアDPは教師・授業・学校・地域をどのように変えるのか~授業実践編~」と題したご発表をいただきました。IBの学習者像を見据えて再検討された学校の教育方針を生徒と共有して学習活動を行っていること、探究の過程や問い、生徒の気づきや考えを大切にした授業実践を行っていることが例示され、よりよい教育の追究と実現に向けてチャレンジし続ける大切さが指摘されました。

実践報告3として、吉田賢一先生から、「DP導入は、学校・授業・生徒に変化をもたらしたといえるか?」と題したご発表をいただきました。IBの導入による、学校の運営面での変化、授業での変化、生徒にみられる変容などが示されました。特に授業に関わって、コンテンツのみならず学び方や考え方自体に焦点を当てていくこと、探究課題における課題の適切性の検討、などの必要性が指摘されました。

実践報告4として、西村里史先生から、「DPは地域をどのように変えるのか」と題した発表をいただきました。開校から6年、MYPからDPに至る一貫した教育活動に取り組む中で、自主的な生徒の活動が増え、教員の意識も変化してきていること、学校組織のあり方も変化していること、また、これまでに蓄積されてきた課題探究的な学習の知見を、教員研修などを通して地域へと広げていることなどが示されました。さらに今後の課題として、IBを実践していくための人及び環境整備の必要性が指摘されました。

4つの実践報告を受けて、最後に、本研究グループ代表である棚橋健治先生よりコメントをいただきました。変化の激しい社会に対応できる人材の育成には探究的な学習など新しい学びが求められていること、その中で、IBはこれまでの学校教育が抱えていた課題を克服するための新たな方向性を示唆していること、IB校のみならず一条校を含め今後の学びの変革につながっていくことへの期待が述べられました。

参加者からは、「「学び方を学ぶ」や「考え方を教える」という言葉が特に心に残った」、「授業実践において、指導者がどういう立ち位置で支援していけばよいのか、具体的にイメージができた」、「自立した学習者を育てるためには、教師も変わっていかなければならない」、「さまざまなIB校の実態について伺うことができた。特にIB校を新たに誕生させていくプロセスなどは貴重なお話であった」、などの感想をいただきました。

詳細は以下プログラムと発表資料をご参照ください。

 

Ⅱ.発表資料

実践報告1:「IB・DPは教師をどのように変えるのか~生徒への学びの返還~」 発表資料
藤澤誉文(高知県立高知西高等学校/高知県立高知国際高等学校)

実践報告2:「国際バカロレアDPは教師・授業・学校・地域をどのように変えるのか~授業実践編~」 発表資料
藤村祐子(滋賀県立虎姫高等学校)

実践報告3:「DP導入は、学校・授業・生徒に変化をもたらしたといえるか」 発表資料
吉田賢一(筑波大学附属坂戸高等学校)

実践報告4:「DPは地域をどのように変えるのか」 発表資料
西村里史(札幌市立札幌開成中等教育学校)

 

Ⅲ.アンケートにご協力ください

多くの皆様にご参加いただきまして、誠にありがとうございました
ご参加の方は、事後アンケート(アンケートはこちらをクリックしてください)への回答にご協力ください。

 


*第53回定例セミナーの告知ポスターはコチラです。

ポスター53のサムネイル

 

 


 


 

本イベントに関するご意見・ご感想がございましたら、
下記フォームよりご共有ください。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。