menu

 

 


0. Introduction
はじめに

プロジェクトの概要

本ページでは、広島大学教育ヴィジョン研究センター(EVRI)が、東広島市教育委員会と連携して行う、市内複数の小学校をオンラインで結んだ広域交流型オンライン社会科地域学習について紹介します。

事業概要
●事業テーマ  : 広域交流型オンライン社会科地域学習を実施する
●連携協力機関 : 東広島市教育委員会

●事業目的・内容:
広島大学教育ヴィジョン研究センターが開発した「のん太の学び場」(東広島市地域学習用デジタルコンテンツ)と東広島市教育委員会作成の小学校社会科副読本を効果的に連携させた広域交流型オンライン社会科地域学習の実施を通して 児童の主体的 対話的で深い学びを創造する。

 

 

ポンチ絵(20210528版)KKのサムネイル

 

広島大学教育ヴィジョン研究センター(EVRI)(センター長:草原和博)は2021年度から、東広島市教育委員会と連携して、市内複数の小学校をオンラインで結んだ広域交流型オンライン社会科地域学習を開始しました。GIGAスクール構想の推進によって実現した子どもたちの「1人1台」端末と学校のICT環境を活用して、市内各地からの中継を交えながら、東広島市の地理・歴史・政治・経済・文化などについて対話的・双方向的に学びます。さらに、この学びを広島大学の教員と大学院生がコーディネートします。

プロジェクトの実施にあたっては、参考コンテンツとして、EVRIが東広島市立図書館の依頼を受けて開発した「東広島市地域学習用デジタルコンテンツ(通称「のん太の学び場」)」を活用します。(「のん太の学び場」の作成についてはコチラ

本年度は、2021年6月の試行に基づいて、毎月1回2時間、テーマを決めて授業を行います。この企画が実現することで、小規模校と大規模校の子どもが、年間を通して、各地域のようすを比較したり交流したりしながら学びを深められるように工夫しています。

目 的
広島大学教育ヴィジョン研究センターが開発した「のん太の学び場」(東広島市地域学習用デジタルコンテンツ)と東広島市教育委員会作成の小学校社会科副読本を効果的に連携させた広域交流型オンライン社会科地域学習の実施を通して 児童の主体的 対話的で深い学びを創造する。
実施内容
〇 「市内の小学校」と「学習対象となる地域等」と「広島大学」がオンラインでつながり遠隔授業を行う。
〇 遠隔授業の全体進行は、大学の担当者が行う。各教室での指導は、各学級の担任等が行う。
〇 遠隔授業では、児童が自分のタブレットから参加できる機会を設ける。
〇 参加校に技術的なサポート要員(大学院生等)を派遣し、授業準備、授業支援、後片付け等を行う。
今後の計画案


ピンク色のバスのヒミツをさぐれ! 仲間をさがせ!(2021年6月18日/25日)(クリックすると開きます)
6月18日 :「バスを比べよう(1)-ピンクのバスのひみつ-」
  • 授業実施者:草原和博
  • 授業補助者:各小学校での授業担当教員
  • 芸陽バスから中継担当:草原和博、大坂遊
  • のんバスと東広島市から中継担当:小栗優貴、川上由美
  • 学校技術支援担当:池田優子、今井祐介、宇ノ木啓太、川本吉太郎、正出七瀬、吉田純太郎
  • 事務局機器担当:守谷富士彦
2021年6月18日に実施した授業では、東広島市内小学校5校(八本松小学校,平岩小学校2クラス、木谷小学校、河内小学校、豊栄小学校)の4年生(130名程度)が参加しました。

第1週目は,「のんバス」と民間の路線バスと比較することで,違いを見出すとともに,コミュニティバスの運行に関して「問い」を発見し,解決することを目標としました。

1時間目は,芸陽バスの西条車庫から通常の「路線バス」と「のんバス」のようすを中継で観察しました。それぞれのバスの大きさや行き先・ルート,時刻・運賃設定,乗降口の数などを比較し,のんバスの役割を「公共性」の視点から分析していきました。また乗車証明書を持参して西条駅前のお菓子屋さんで買い物して,割引券をもらう様子を中継しました。買い物や通院・通学だけでなく,地域の活性化にも貢献しようとするコミュニティバスの役割を学びました。

2時間目は,1時間目に学んだ「のんバス」の基本情報を振り返るとともに,運賃収入だけでは維持できず補助金をえて運行している状況を知りました。児童には,のんバスの「なぜ・どうして」をたくさん出してみよう!と指示したところ,「なぜ赤字なのに走らせるのか」「なぜ西条にしか走っていないのか(私たちのまちにはないのか)」などたくさんの疑問が寄せられました(「赤字のバスを走らせるべきか」をめぐって一人ひとりが意見表明もしました)。これらの問いに対して,専門家の市役所やバス会社の担当者が真剣に答えていきました。

一連の課題発見・課題解決を通してコミュニティバスの社会的意義を探究するとともに,西条以外の土地に走るコミュニティバスについても調べてみたいという意欲が高まりました。

6月25日:「バスを比べよう(2)―私たちの町のバスのひみつ-」
  • 授業実施者:草原和博
  • 授業補助者:各小学校での授業担当教員
  • 市役所から中継担当:草原和博、大坂遊
  • 海風バスから中継担当:小栗優貴
  • 広島大学から中継担当:川上由美
  • 学校技術支援担当:池田優子、今井祐介、宇ノ木啓太、河原洸亮、川本吉太郎、吉田純太郎
  • 事務局機器担当:守谷富士彦
2021年6月25日に実施した授業では、東広島市内小学校5校(八本松小学校,平岩小学校2クラス、木谷小学校、河内小学校、豊栄小学校)の4年生(130名程度)が参加しました。

第2週目は,コミュニティバス運行にともなう「お悩み」を見出し,それの解決策を構想することを目標としました。

1時間目は,参加校が,西条の「のんバス」とともに,豊栄の「そよかぜ号」,河内の「あゆピチふれあい号」,安芸津の「海風バス」の運行時刻や利用状況等について調べ発表しました。これらの地方のコミュニティバスは便数が少なく,あまり知られてもいないことが確認されました。途中「海風バス」の車内から中継をはさみ,乗客の数や乗車区間,乗車目的等についてリポートを受けました。参加した児童は,運転手さんにオンラインで直接質問する機会も得ました。

2時間目は,これらのコミュニティバスのお悩みを出し合いました。どのバスにも共通するお悩みとして「赤字が多いこと」「利用者が少ないこと」が挙げられました。参加した児童は,これらのお悩みの解決策を議論し,提案しました。参加した各校の児童は,これらのコミュニティバスがほとんど知られていない事実に気づき,もっと広く知られるように看板やチラシを作るべきではないかと認知度を上げる方略を提案しました。市役所の担当者も現実的で効果的な提案にたじたじでした。最後に広島大学を走っている自動運転の小型電動バスの様子を観察し,未来のバスの姿にイメージを膨らませました。

2週間の学習を通して,「身近にありながらよく知らない」バスの存在について,参加校5校が互いに理解し交流し合うことで,公共サービスを担うコミュニティバスの機能と課題,そしてその解決策について認識を深めることができました。

 

※市役所の職員さん,海風バスの加藤正人さんには,氏名と写真の掲載の許可をいただいております。


スーパーと直売所,どこか違う?どこが同じ?(2021年7月15日)(クリックすると開きます)
715日:「 スーパーと直売所,どこか違う?どこが同じ?」
  • 授業実施者:草原和博
  • 授業補助者:各小学校での授業担当教員
  • スーパーから中継担当:宇ノ木啓太、岩佐佳哉
  • 直売所から中継担当:川上由美、川本吉太郎
  • 学校技術支援担当:今井祐介、吉田純太郎、正出七瀬
  • 事務局機器担当:大坂遊、草原聡美

2021年7月15日に,東広島市内小学校13校(西条,板城,吉川,西志和,東志和,小谷,平岩,高美が丘,三ツ城,板城西,乃美尾,中黒瀬,龍王)の3年生(910名程度)が参加し,東広島の「お店」をテーマにした授業を実施しました。今回は,「スーパーと直売所の小売店としての特色を理解し,それを的確にあらわしたキャッチフレーズを提案できること」を目標としました。1時間目は、スーパー、直売所それぞれのようすを中継で観察しました。子どもたちは、1日あたりの客数や販売されている食品の種類・産地、売り場の広さなどを比較しながら中継を視聴し、それぞれのお店の特徴を捉えていきました。その後、直売所で買い物中のお客さんにインタビューを試みました。わざわざ西条から福富ま車に乗って直売所を訪ね,野菜を買っている理由を尋ねることで、スーパーと比べて商品の数も種類も少ないが,人々を引き付けている直売所の魅力について学ぶことができました。

2時間目は、1時間目に観察したことを踏まえ、スーパーと直売所の魅力を表すキャッチフレーズを考案しました。スーパーのキャッチフレーズには、便利さや産地の幅広さ(地元から世界まで)が表れていました。一方、直売所のキャッチフレーズを作った子どもたちは、野菜の新鮮さや手作り商品へのこだわり,地域の活性化に注目していましたた。最後に,子どもには「どちらかのお店だけでいいんじゃない?(2種類もいらないよ!)」と揺さぶりをかけました。この命題への賛否とその理由を示す活動を通して,消費者に多様な選択肢が保証されていることの意義を学びました。

2時間の学習を通して,「普段よく行く」スーパーと「あまり行ったことのない」直売所を知り,それぞれの小売店としての目的の違いを言語化するとともに,小売店と消費者との関係について認識を深めることができました。

※しゃくなげ館の水脇館長,ショージの大川さんには,氏名と写真の掲載の許可をいただいております。


さい害から身を守る-さい害でキケンなところ,さい害のサインをさがそう!-(2021年9月15日)(クリックすると開きます)
915日:「 さい害から身を守る-さい害でキケンなところ,さい害のサインをさがそう!-」
  • 授業実施者:草原和博
  • 授業補助者:各小学校での授業担当教員
  • 西高屋駅前から中継担当:熊原康博、宇ノ木啓太
  • 小寺池からの中継担当:横川知司、岩佐佳哉、住谷侑也
  • 災害碑からの中継担当:西高屋駅と小寺池担当者全員
  • 市役所から中継担当:川上由美、小栗優貴
  • 学校技術支援担当:今井祐介、池田優子、吉田純太郎、正出七瀬
  • 事務局機器担当:大坂遊、川本吉太郎、草原聡美

2021年9月15日に,東広島市内小学校8校13学級(郷田,原,小谷、豊栄、入野、風早、高屋西、御園宇)の4年生(384名)が参加し,東広島の「災害」をテーマにした授業を実施しました。

今月は「さい害から身を守る-さい害でキケンなところ,さい害のサインをさがそう!-」を目標に実施しました。

1時間目は,まず自然災害の専門家である熊原康博先生(広島大学)に事前に児童から寄せられた質問に答えていただきました。疑問に答える過程で,本時のめあてである「身近な地域で,災害に弱いところ=キケンなところをさがそう!」を確認しました。その後,クイズに取り組んだり,高屋周辺の「土石流」と「浸水」が発生しやすいところを中継で結んで,災害発生地の地形的特徴や災害の原因を探究していきました。土石流については,現場のようすをドローンの映像で観察しました。浸水については,元消防団員の方のお話を伺うことで,過去の浸水規模や浸水しやすいところの地形,浸水に対する備えについて知ることができました。

2時間目は「身近な地域でキケンなところをさがそう!」と題して,参加校の校区で土石流や浸水の起こりやすいところを見つける活動を行いました。1時間目に学んだ概念を活用して,標高を色分けした地図を読み解いていきました。児童が予想した危険地域とハザードマップが指し示す危険地域を照らし合わせながら,災害が起こりやすい地域を確認していきました。各学校の発表を通して,東広島市には,土石流が多いところ(山ぎわの谷)もあれば,浸水が起こりやすいところ(川沿い),高潮が起こりやすいところ(海沿い)もあることが分かりました。ハザードマップでは危険と示されていないところを危険指摘した学校に対して,熊原先生は「ハザードマップだけを頼りせずに自分たちでも考えてほしい」とコメントされました。その後,市役所の危機管理課と中継を結んで,市が発している最新のキケンのサイン(ハザードマップ,緊急告知ラジオ,防災メールなど)を学びました。最後に小寺池近くの水害碑を観察することで,昔の人が残してきたキケンのサイン(山津波の記録)を知りました。

2時間の学習を通して,東広島の災害の種類を捉えるとともに,各地域で災害から身を守る方法を考え,交流することができました。

 

※元消防団員の島本様,東広島市役所危機管理課様には,氏名と写真の掲載の許可をいただいております。

EVRIは,引き続きICTを活用した新しい地域学習のヴィジョンを提案し,それを教育関係機関と連携しながら企画・実施してまいります。


[新聞] 2021年6月23日(水) 中国新聞朝刊 24面

*紙面のウェブサイトへの転載申請を行い、中国新聞社の許諾を2021年7月2日に得ました。(2021年7月6日掲載)

2021年6月23日(水)の中国新聞朝刊(24ページ)教育長官特集にて、草原和博教授の授業実践記事が掲載されました。「中国新聞PLUS日経テレコン21」会員の方はログインして内容をご確認頂くことができます。また、広島大学の図書館のPCもしくは学内サーバーから広島大学図書館のデータベースページを経由して「中国新聞PLUS日経テレコン21」にアクセスすることで、どなたでも無料で記事を閲覧することができます。


[新聞] 2021年7月1日 The weekly PressNet Vol.1056 2面
「見学の代わりに大学生が中継 東広島市5つの小学校オンラインで一緒に地域学習」

 

*紙面のウェブサイトへの転載申請を行い、The weekly PressNetの許諾を2021年7月1日に得ました。(2021年7月6日掲載)


ContactEVRIとの共同事業等へのお誘い

EVRIは、自らのミッションとヴィジョンを達成するために、共同事業、共同研究、受託研究および講演等をお引き受けいたします。
ご依頼やご質問は、EVRIの運営支援チームに遠慮なくお問い合わせください。連絡先は次のとおりです。

e-mail :evri-info@hiroshima-u.ac.jp
Tel & Fax: 082-424-5265
contact >