menu

 

2021年12月24日公開

 


0. Introduction
はじめに

プロジェクトの概要

広島大学教育ヴィジョン研究センター(EVRI)は、社会貢献の一環として、公益財団法人 日本生命財団より2020年度児童・少年の健全育成助成「実践的研究助成」を受け、「定時制高校における主権者教育の構造改革のためのデザイン研究」の研究に取り組んでいます。

 

採択事業詳細
●採 択 枠:2020年度児童・児童・少年の健全育成委託研究(実践的研究助成)
●採択事業名:「定時制高校における主権者教育の構造改革のためのデザイン研究
●委 託 先:国立大学法人 広島大学大学院 人間社会科学研究科 代表者:草原和博
●事業目的・内容:調査及び実践研究を通じて、「主権者としてのエンパワーメント格差」を解消していく学校や授業のデザイン原則を明らかにする。

 

公益財団法人日本生命財団(ニッセイ財団)は、人間性・文化性あふれる真に豊かな社会の建設に資することを目的として、昭和54年7月に設立された多目的の助成型財団です(平成22年3月1日公益財団法人に移行)。 この目的を達成するため、現在の社会において特に要請度が高いと考えられる「1 児童・少年の健全な育成」「2 高齢者の福祉と社会参加」「3 環境の改善と健康の増進」の分野を対象とした有意義な事業及び研究に対する助成並びにシンポジウムの開催などの活動を行なっています。

この度、EVRI(平和・市民性教育ユニット)センター長・拠点リーダーである草原和博が2020年10月~2021年9月の期間で受託し、小栗優貴・石川照子・南理恵・北川弘紀が共同研究者として実施することになりました。
研究チーム (左から北川・草原・小栗・南・石川)

 

1. Background

プロジェクトの経緯・背景

 

単位制・通信制・定時制高校に通う多様な背景を持つ、しばしば学びに意味を見出しにくい子どもたちは、社会や政治への参加をますます疎遠なものとしていくことが指摘されています。このことが暗示するのは、学びへの支援が必要な子どもたちとそうではない子どもたちの間に社会参加における「エンパワーメント格差」が存在すると言うことです。

公教育としての主権者教育は、全ての子どもを社会へ参加していく主権者としてエンパワーメントとし、こうした「格差」を解消していく役割があります。従来の主権者教育に関する研究では、定時制・通信制・単位制高校に通う子どもに焦点を当てた研究は極端に少なく、理論レベルでも実践レベルでも研究の必要性があります。そこで本プロジェクトでは、研究者と定時制高校教員が共同し、主権者としてのエンパワメント格差を解消していく方策について研究していきます。

日本生命財団HPに掲載されているプロジェクトの要旨は、こちらよりご覧ください。

 

■プロジェクトの目的

本プロジェクトでは、兵庫県立西宮香風高等学校を主たる研究協力校とし、以下2つの調査・実践的研究を行います。

兵庫県立西宮香風高等学校

①「主権者としてのエンパワーメント格差」は、学校間で存在しているのか。学校内で存在しているのか。
②「主権者としてのエンパワーメント格差」を解消していくための、学校・学級・授業デザインの原則とは何か。

上記の調査・研究を通して、主権者教育の構造改革を行い「社会変革の主体としての学校」づくりを目指します。つまり学校空間そのものが生徒にとってオープンな社会参加の場へと変容するとともに、協力教員の学校空間に関する意識が変革され、定時制高校生の間に存在する格差の解消を企図します。

■ContactEVRIとの共同事業等へのお誘い

EVRIは、自らのミッションとヴィジョンを達成するために、共同事業、共同研究、受託研究および講演等をお引き受けいたします。
ご依頼やご質問は、EVRIの運営支援チームに遠慮なくお問い合わせください。連絡先は次のとおりです。

e-mail :evri-info@hiroshima-u.ac.jp
Tel & Fax: 082-424-5265
contact >