menu
広島大学教育ヴィジョン研究センター 拠点リーダー・教授

草原和博
Kazuhiro Kusahara

研究者としての私の出発点は,「地理教育の」「カリキュラムの」「国際比較」のニッチなところを究めんとする研究者でした。しかし,20年が経過する過程で,徐々にメタ的な方向へと進んできました。その流れを自分なりに振り返ってみると。

私の研究対象は「地理教育」→「社会科教育」→「主権者・市民性教育」→「教科教育学の方法論と社会的責任」…へと限りなく拡大の一途をたどってきました。一方で研究関心は「教科のカリキュラム」→「教科の思想・本質」→「教師のカリキュラムデザイン」→「教師の信念形成」…へとスパイラルな深化の過程へ入り込んでしまいました。そして私のアインデンティティは,「地道な研究者」+「優しい教師教育者」+「研究者と教師教育者の厳しい養成者」+「研究者と教師教育者を養成・研究する気まぐれなマネージャ」…と累積的に蓄積してきました。

EVRIの立ち上げは,このような流れの延長線上に位置づいています。ある意味で必然,ある意味では偶然。上述のようなアイデンティティの移り変わりの過程で,自然とEVRIをつくりたい!と決意し,仲間を募りました。国内外の多くの仲間に支えられて,このEVRIは漂流しながらも,常に関係者と対話し,増殖と進化を遂げています。これからも,ふらっと立ち寄りたくなる楽しいEVRI,頼りがいあるフットワークの軽いEVRI,そして新しいアイデアを学界と社会に発信し続ける強靭なEVRI,この3つを目標にEVRIを運営してまいります。結果的にEVRIが,「学習空間」「カリキュラム」「教育の専門家」に関する研究拠点として認知されるようになったならば,それは望外の幸せです。

研究業績Research Results

【著書】
・草原和博「地域の在り方」の授業プラン」原田智仁編『平成29年版中学校新学習指導要領の展開 社会編』 明治図書,pp.148-153,2017年10月。
★Kim, J., & Kusahara, K., What is the Lasting Impact of the Use of Nuclear Weapons During WWII in Japan? ,Brad M. Maguth, & Gloria Wu. (Eds.). Global Learning Based on the C3 Framework in the K-12 Social Studies Classroom, National Council for the Social Studies, (in press).
【論文】
・草原和博「見方・考え方を働かせる社会科授業づくりを支援する」 『「見方・考え方」を活用した授業実践 ~現行学習指導要領の教科書を使って~』東京書籍・東書教育シリーズ,pp.2-5,2017年10月。
★草原和博ほか「歴史的な見方・考え方の働きはいかに可視化できるのか-思考ツールを用いた歴史導入単元「江戸時代の朝顔ブーム」を手がかりに-」『広島大学大学院教育学研究科紀要第二部(文化教育開発関連領域)』第66巻,pp.41-50,2017年12月。
・草原和博ほか「探究を軸に子どもの「資質・能力」を育成する社会科カリキュラムの原理とその展開-NCSSのThe College, Career, and Civic Life (C3) Frameworkを手がかりに-」『学校教育実践学研究』第24巻,pp.157-166,2018年3月。
・Thomas Misco, Jongsung Kim, Kazuhiro Kusahara, Masato Ogawa and Toshinori Kuwabara, A heuristic for controversial issue gatekeeping within social studies education, Jounal of Social Studies Education In Asia, (in press)
【雑誌】
・草原和博「時事問題の活用-社会と学校と子どもを結ぶ社会科授業づくり-」『社会科教育』明治図書,pp.8-11,2017年9月号。
・草原和博「難問・良問・奇問・悪問の境界線-評価の目的・内容・方法をめぐる理論的対立-」『社会科教育』明治図書,pp.4-7,2017年11月。
・草原和博「新学習指導要領・社会科授業づくりの課題と取り組みポイントー真正の主権者教育とは何か-」『社会科教育』明治図書,pp.108-111,2018年2月。
【発表】
★Jongsung Kim & Kazuhiro Kusahara, Lesson Study as Democratic Professional Development: Comparative Case Study of Social Studies Lesson Study(SSLS) in Japan, IDEC Educational Development Symposium “Lesson Study in Asia and Africa”, Hiroshima University, 6th April 6th 2017.
・永田忠道・草原和博,市民性教育の西欧化・米国化と日本型カリキュラムとの相克 -教科教育の歴史・受容・比較の視点から- ,『日本研究所』創設記念シンポジウム 非西欧社会の近代化再考:日本とエジプト(アラブ)の場合,カイロ大学,2017年7月16日。
・草原和博,ICTを活用できる社会科教員の養成,課題研究Ⅴ(課題研究・指定討論者),日本社会科教育学会全国研究大会第67回大会,千葉大学,2017年9月16日。
★草原和博ほか,私たちは如何にして社会科教育研究者としての責任を果たすべきか ー個人史・社会史からみた研究者の変革的成長の過程を手がかりに-,フォーラムE,全国社会科教育学会第66回全国大会,広島大学,2017年10月29日。
・草原和博,The Impact of the Humanities and Social Sciences Discussing Germany and Japan,広島大学・ドイツ研究振興協会(DFG)日本代表部共催公開サテライトシンポジウム ,広島大学,2017年11月15日。 
・Kazuhiro Kusahara, How to strengthen the relevance of social studies education for the youth? : The development of special civics textbook and its impact to the curriculum gatekeeping, The 2nd International Conference on Special Educational Needs (Keynote), Isola Resort, Bandung, 2nd December 2017.
・草原和博,目標と問いに基づいて「見方・考え方」を使いこなす-社会科の分化・分科傾向に向き合うために-,社会系教科教育学会第 29 回研究発表大会(シンポジウム),京都教育大学,2017年2 月 10日。

研究テーマ・研究関心Research Concern

シティズンシップ
社会科教育,地理教育
カリキュラム研究
社会科教師の意思決定
教師教育者の専門性
教科教育学の研究方法論

関連するWEBサイトRelated Website