menu

【2021.10.26】第96回定例オンラインセミナーHUGLI特別企画(5)「広島大学・ダルマプルサダ大学による研究交流会(2)」を開催しました

公開日:2021年11月15日 カテゴリー:開催報告

.開催報告

広島大学インキュベーション研究拠点「教育ヴィジョン研究センター(EVRI)」は、2021年10月26日(火)に,第96回定例オンラインセミナー「HUGLI特別企画(5)「広島大学・ダルマプルサダ大学による研究交流会(2)」」を開催しました。日本語教育関係者を中心に117名の皆様にご参加いただきました。

「HUGLI特別企画」シリーズは,広島大学型教育を世界展開することを目指すHUGLI(Hiroshima University Global Learning Institutes)構想の一環として行われています。

シリーズ第5回となる本セミナーでは,広島大学の大学院生とダルマプルサダ大学の教員が自らの研究をそれぞれ紹介することをとおした研究交流が行われました。

セミナーに先立ち,永田良太先生(広島大学)より,本セミナーの趣旨が説明されました。ダルマプルサダ大学と,研究にもとづいた新たな関係を構築していくという本セミナーの目的がセミナーの参加者全体で確認されました。

 

セミナーではまず,Raden Yusuf Kurniawanさん(広島大学大学院生)が,「インドネシア語における形容詞の動詞化に関する研究」と題して発表しました。インドネシア語の形容詞が統語的使役から語彙的使役に移行していく過程で動詞化するという他言語にも共通する特徴が報告されました。

次に,Rahayu R. N. Rahman先生(ダルマプルサダ大学)が,「「祭り」の記号化と越境-インドネシア・バンドン市で高校生が開催した日本祭りを例に-」と題して発表しました。日本の「祭り」がインドネシアの中でどのように受容され,インドネシア社会に位置づいているかについて,インタビューを通した調査結果が報告されました。

 

その後,Sirada Boonsermさん(広島大学大学院生)が,「タイ文学に見る日本表象の研究」と題して発表しました。『メナムの残照』をはじめとするタイの文学作品の中で「日本」がどのように描かれ,「日本」のイメージがどのように形成されてきたかについて,「日本」という外の視点から研究することの意義と関連付けて報告されました。

最後に,Hayun Nurdiniyah先生(ダルマプルサダ大学)が,「現代インドネシアにおける“日本食”」と題して発表しました。インドネシアでは「日本食」がどのようなものとして受容されているかについて,さまざまな形態の日本食レストランを対象とした調査結果に基づいて報告されました。

ウェビナーのQ&A機能を活用して行われた質疑応答では,「今回の発表のように,日本とインドネシア・タイとの間に存在する個別性や普遍性を,言語や文化の面から探ろうとする研究が大変意義深いものであること」や「研究のきっかけや今後の展望について知りたい」といった意見が出されました。言語や文化についての研究報告を通して,本セミナーの目的に沿って,研究を通した交流が実現するとともに,交流の輪が広がりました

今後もEVRIは,インドネシアにおける海外交流研究拠点の活性化に向けて,引き続き活動してまいります。


 

アンケートにご協力ください

多くの皆様にご参加いただきまして、誠にありがとうございました
ご参加の方は、事後アンケート(アンケートはこちらをクリックしてください)への回答にご協力ください。


*第96回定例セミナーの告知ポスターはコチラです。


本イベントに関するご意見・ご感想がございましたら、
下記フォームよりご共有ください。


 

※イベント一覧に戻るには、画像をクリックしてください。

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。