menu

研究拠点創成フォーラムNo.28「教科教育学,その可能性と挑戦 Subject Pedagogy: Possibilities and Challenges」を開催します(2021.07.20)

公開日:2021年06月22日 カテゴリー:お知らせ

日本において、理科教育や社会科教育などの教科教育の研究は,教育研究の一環としてだけでなく,一般的な教育学とは異なる独自の目的と方法をもった「教科教育学」という独立した学問分野として認識されている。発表者は,社会科教育の事例をもとに、Subject Pedagogyの歴史と特徴を紹介する。また、3名の著名な社会科・歴史教育研究者が、自国の状況を踏まえて発表内容についてコメントする。 

 
【日時】 2021年7月20日(火)22:00-24:00(日本時間)*開催日を修正しましたので、ご確認ください。
【会場】 オンライン会議ZOOMによる開催
【演題】 研究拠点創成フォーラムNo.28
「教科教育学,その可能性と挑戦
Subject Pedagogy: Possibilities and Challenges」
  1.基調提案 「教科教育学,その可能性と挑戦」
池野範男(日本体育大学)
金 鍾成(広島大学)
2.討論
Dr. Arthur Chapman (ロンドン大学)
Dr. Alois Ecker(ウィーン大学)
Dr. Keith Barton(インディアナ大学ブルーミントン校)<司会>
川口広美(広島大学)
小川正人(環太平洋大学)詳細はこちら
【主催】 “Social Studies Education in Japan: A reader”編集グループ池野範男,草原和博,金 鍾成,川口広美,桑原敏典,小川正人
【共催】 広島大学教育ヴィジョン研究センター(EVRI)
International Social Studies Association (ISSA)
基盤研究(A)「学校シティズンシップ教育の社会的教育効果の国際比較調査研究」(研究代表者:池野範男 17H01030)
国際共同研究強化(B)「オーストリア政治教育の挑戦-教室空間で政治問題をいかに教えるか-」(研究代表者:草原和博 18KK0065)
【申込】
参加をご希望される方は,下記のフォームからお申込みください。
オンラインセミナーに参加するためのアクセス情報が登録メールアドレスに送付されます。そのメールを保管ください。
本セミナーは,Zoom接続にて開催をいたします(スマホでも参加可能です)。
Zoomの接続に不安な方は,事前にメールでご相談ください。
*参加費無料
Zoomの基本操作については,コチラを参照ください。https://support.zoom.us/hc/ja/categories/200101697
【言語】
英語

※必須項目を記入し、送信ボタンを1度押してください(Please fill in the required items and press the send button once)


※イベント一覧に戻るには、「EVENT LIST」かコチラをクリックしてください。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。