menu

第72回定例オンラインセミナー「ポストコロナの学校教育(9)ポストコロナ社会における「プラクティス」と遠隔教育 :「3実(実技・実習・実演)」の視点から」を開催します(2021.3.6)

公開日:2020年12月23日 カテゴリー:イベント
No.72のサムネイル

ポストコロナにおいて,実技・実習・実演(「3実」)のような特質を持つ教科はどのように子供たちの学びを保障すべきなのでしょうか。本セミナーでは,多様な立場の専門職の方々から理論や実践事例を提供していただき,遠隔教育における「プラクティス」の可能性について議論します。

セミナー中の発表資料および開催報告はこちらのページより取得いただけます。▶第72回オンラインセミナー開催報告(※準備中)

当日の対応や参加上の注意点などはこちらをご確認いただけますと幸いです。▶注意事項(お名前変更等)と緊急時対応
セミナー後、アンケートにご協力ください:アンケートフォーム


【日時】 2021年3月6日(土)14:00-15:30(申込締切:3月5日 18時)
【会場】 オンライン会議 Zoom を使用します
【演題】 第72回定例オンラインセミナー
「ポストコロナの学校教育(9)ポストコロナ社会における「プラクティス」と遠隔教育 :「3実(実技・実習・実演)」の視点から」
【展開】 1.話題提供1 「遠隔授業による美術/デザイン教育」
         八木 健太郎(広島大学)
2.話題提供2 「オンラインツアーで広がる自己探求学習の可能性」
         松本幸市氏(一般社団法人まなびのみなと/NPO法人 PCV,木江宿庭火)・
         Mary Popeo氏(NPO法人 PCV)
3.話題提供3 「遠隔での実践指導―幼稚園での取り組みと大学での音楽実技指導の事例―」
         高旗 健次(広島大学・広島大学附属幼稚園長)
4.指定討論  「家庭科住生活分野の実習指導者の立場から」
         高田 宏(広島大学)
5.質疑応答   井戸川豊・岩田昌太郎(広島大学)
【主催】 令和2年度広島大学教育学部共同研究プロジェクト「ポストコロナの学校教育」の提起する学術知共創の可能性と課題
【共催】 広島大学教育ヴィジョン研究センター(EVRI)
【申込】 参加をご希望される方は,下記のフォームからお申込みください。
オンラインセミナーに参加するためのアクセス情報をお知らせします。
本セミナーは,Zoom接続にて開催をいたします(スマホでも参加可能です)。
後日お知らせするURLに接続をしていただくだけで参加することができます。
Zoomの接続に不安な方は,事前にメールでご相談ください。
*参加費無料
【言語】 日本語

 

※必須項目を記入し、送信ボタンを1度押してください(Please fill in the required items and press the send button once)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。