menu

【2020.11.5】第52回定例セミナー 「授業研究を軸に教師教育を変革する(1)「日本の授業研究を軸にした教師教育の現状と課題」を開催しました

公開日:2020年11月06日 カテゴリー:開催報告

.開催報告

広島大学インキュベーション研究拠点「教育ヴィジョン研究センター(EVRI)」は,2020年11月5日(木)に,令和二年度教育学部内の経費である共同研究プロジェクト推進経費「「授業研究」に基づく教師教育に関する国際共同研究プラットフォーム開発研究(1)」(研究代表者:金鍾成)に関連して,第52回定例オンラインセミナー「授業研究を軸に教師教育を変革する(1):日本の授業研究を軸にした教師教育の現状と課題」を開催しました。

活動従事者の岩田昌太郎吉田成章が司会を務め、話題提供者は金鍾成,そして指定討論者にDr. Jeremy Rappleye氏(京都大学)をお招きして実施しました。当日、オンラインでの参加者が約40名となりました。まず,司会の吉田から”Lesson Study-based Teacher Education: The Japanese approach in the global setting”(Kim, Yoshida, Iwata, & Kawaguchi, 2021刊行予定)との関連の趣旨説明があり,その後,金氏から「日本の授業研究にもとづく教師教育に対する批判的検討」について話題提供がありました。そして、金氏の発表内容を踏まえて,Rappleye氏より比較教育学の視点から論点を整理していただきました。その後,参加者からの質疑に応えながら,議論を深めることができました。

今回のセミナーを通して、授業研究を基軸としながら、教師教育をどのように変革できるのか批判的な視点から検討を重ねることの重要性を共有することができました。EVRIでは,今回のセミナーを皮切りに,「教師教育・授業研究」ユニットの拠点形成の拡充のために,本シリーズを4回にわたって開催いたします。

 

 

Ⅱ.アンケートにご協力ください

多くの皆様にご参加いただきまして、誠にありがとうございました
ご参加の方は、事後アンケート(アンケートはこちらをクリックしてください)への回答にご協力ください。

 


*第52回定例セミナーの告知ポスターはコチラです。

52のサムネイル

 

 


 


 

 


 

本イベントに関するご意見・ご感想がございましたら、
下記フォームよりご共有ください。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。