menu

コロナ×教育 参考図書リスト(2020年11月16日現在)

公開日:2020年11月16日 カテゴリー:お知らせ

コロナ × 教育

更新日:2020年11月13日(参考図書リスト)
更新日:2020年11月16日(コロナ関連論文・コロナ関連雑誌タイトル)

COVID-19がもたらした教育・社会・教育学への影響は、学校休業への対応やICT活用への急速な転換にのみ留まるのではなく、子どもたちの生活と命を教育を通じていかに守り、育てていくのかという学問としての教育学にまで及んでいる。ポストコロナの学校教育をいかに描くことができるのかという課題に対して、わたしたちEVRIおよび広島大学教育学部は「『ポストコロナの学校教育』の提起する学術知共創の可能性と課題」(広島大学教育学部令和2年度共同研究プロジェクト」)の研究プロジェクトを立ち上げ、教育学部・EVRI教員・スタッフに大学院生も加えて、「ポストコロナと教育」のEVRIセミナーシリーズの運営と共同研究に取り組んでいる。
「ポストコロナの学校教育」は、すべてのひとに教育を、教育を通じた社会変革と自己実現を、というEVRIの理念でもある学校の有する人と人との交流の場としての教育機能を縮減しかねない。地域との交流行事や異学年での子どもたちの多様な関わり、教室内での少人数での交流や昼食時の制限、保護者・地域の学校参観・授業参観への制約など、COVID-19の影響は今後長期的に「学校」のもつ「教育」の意味を問い直し続けることになる。他方でEVRIも、「ふらっと立ち寄れる場」として広島大学教育学部B101に居を構えているが、オンラインによる業務遂行によって教育に関わる研究の様相も様変わりしてきている。
「ポストコロナと教育」に関する著作一覧をHPに公開し、その本を教育学部B101(EVRI)に配架することで、学内外の関心のある方に、ふらっと立ち寄っていただき、本を手に取ってもらえればという思いでこの本リストを作成した。今後、和書だけではなく洋書、論文、雑誌、各種報告等の資料も整えていく予定である。ご関心をお持ちのみなさまにふらっとHPに立ち寄っていただく、あるいはEVRI(B101)に立ち寄っていただき、何気ない一言の交流(「もっとこういう本があるといいですね」「こんな話もセミナーでしてみたいですね」など)から、教育に関わるさまざまな学術知が共創する場をバーチャルにもリアルにも構築していきたいと考えております。

 

2020年11月13日
広島大学EVRI 吉田成章
広島大学教育学部令和2年度共同研究プロジェクト「『ポストコロナの学校教育』の提起する学術知共創の可能性と課題」のメンバーを代表して


1.参考図書リスト

 

EVRI コロナ書籍文献リスト(20201028) (1) 1のサムネイル
  • ポスト・コロナの学校教育 
    広島大学教育ヴィジョン研究センター(編) 草原和博・吉田成章(著)
    出版社:溪水社 出版年・月:2020年・7月 ISBN-13:978-4863275287 購入及び関係頁へはコチラから
    新型コロナウイルス感染症(COVID-19)によるパンデミックは、既存の学校教育の枠組みに何を投げかけたのか。「ポスト・コロナ」の学校教育の模索の中で、わたしたち教育に関わる者は、子ども、教師、保護者、地域の声にいかに「応答」しながら、どのような学校教育と社会の未来を描いていくのかを問うた一冊。
  • 日本のオンライン教育最前線アフターコロナの学びを考える
    石戸 奈々子
    出版社:明石書店 出版年・月:2020年・10月 ISBN-13:978-4750350912 購入及び関係頁へはコチラから
    コロナ休校で明らかになった日本のデジタル教育の遅れ。子どもたちの学びを止めないために今何をすればよいのか。世界の動向、国内の先進自治体や学校現場、民間の教育産業の取組を通して、AI×データ時代の本格到来を前に急激に変化する学びの最前線をお伝えする。
  • ポスト・コロナショックの学校で教師が考えておきたいこと
    赤坂 真二・内田 良・小川 雅裕など
    出版社:東洋館出版社 出版年・月:2020年・6月 ISBN-13:978-4491041537 購入及び関係頁へはコチラから
    学校再開に備えるための必須テーマに対し、研究者、NPO法人、管理職、教諭、専門職、教育の最前線を支える関係者から25の提言
 
EVRI コロナ書籍文献リスト(20201028) (1) 2のサムネイル
  • 「新しい学校生活」のための感染症対策ハンドブック
    鎌塚 優子, 大沼 久美子(編)
    出版社:学事出版 出版年・月:2020年・10月 ISBN-13:978-4761926618 購入及び関係頁へはコチラから
    子どもも教員も、安心して学校生活を続けるために!医師・大学教授・教諭・養護教諭・行政職員・弁護士が一緒になって作った!新型コロナに負けない!子どもと教員の健康を守りながら、どう安全に学校活動を続けるか。感染症対策の基本を養護教諭、医師らが分かりやすく整理、解説。【学校保健/小・中学校教職員対象】
  • 70の事例でわかる・できる! 小学校オンライン授業ガイド
    佐藤 正範
    出版社:明治図書 出版年・月:2020年・8月 ISBN-13:978-4183434111 購入及び関係頁へはコチラから
    オンライン授業のパイオニアである豪華執筆陣が、熱い想いとともに過去に例がないチャレンジ・実践報告・アイデアを一挙公開!ハード・ソフトウェア、セキュリティ、メンタル面などの環境づくりからブレイクタイムや各教科領域の学習活動まで70もの豊富な実例を掲載!
  • SDGs自治体白書 2020 新型コロナとの共存社会にむけた“SDGs自治体”の取り組み
    中口 毅博,小澤 はる奈,環境自治体会議環境政策研究所(編集協力)
    中口 毅博,小澤 はる奈(著)
    出版社:生活社 出版年・月:2020年・7月 ISBN-13:978-4-902651-44-7 購入及び関係頁へはコチラから
   
EVRI コロナ書籍文献リスト(20201028) (1) 3のサムネイル
  • SDのための速解大学教職員の基礎知識 2020コロナ版
    上杉 道世(編・著)
    出版社:学校経理研究会 出版年・月:2020年・8月 ISBN-13:978-4-908714-29-0 購入及び関係頁へはコチラから
    大学教職員に知っておいてもらいたい必要最低限の基礎的な知識を網羅した入門書。学校教育制度の歴史、教育関連法令、大学の財務、国による財政支援などについて説明。コロナ禍の影響、就職や入試の動向にも触れる。
  • withコロナの学級経営と授業づくり
    『授業力&学級経営力』編集部(編)
    出版社:明治図書 出版年・月:2020年・8月 ISBN-13:978-4185131209 購入及び関係頁へはコチラから
    「こうあるべき」ではなく、「こうすればよい」がわかる。
    子どもの心のケア、密にならず楽しめる学級あそび、積み残しを出さない授業マネジメント、秋~冬の感染症対策、授業動画の作り方…等、再流行まで見据えたwithコロナの学級経営と授業づくりの方策を豪華執筆陣が伝授。実践を経た具体的な手立ては説得力が違います。
  • withコロナの国語授業づくり
    『国語教育』編集部(編)
    出版社:明治図書 出版年・月:2020年・8月 ISBN-13:978-4185133289 購入及び関係頁へはコチラから
    言語活動を通した授業が基本の国語科では、新型コロナへの対応を考えた上での授業づくりが日々必要となっている。教師が押さえておきたい指導スキル、学年・領域別の学び合いの授業、オンライン授業の3つの視点から3密をできるだけ避けた授業づくりの工夫を提案する。
   
EVRI コロナ書籍文献リスト(20201028) (1) 4のサムネイル
  • Withコロナの新しい学校経営様式
    篠原 清昭, 大野 裕己 (編)
    出版社:ジダイ社  出版年・月:2020年・9月 ISBN-13:978-4909124425 購入及び関係頁へはコチラから

    Withコロナ(新型コロナウイルス感染症が収束しておらず、必要に応じて臨時休業等が行われる段階)に対応した「新しい学校経営様式」について、学校組織マネジメントの考え方と方法を提供する。考え方においては、PDCA論に代わるOODAループ論(Observe-Orient-Decide-Act)などWithコロナに対応できる効果的なマネジメント論や組織論、リーダーシップの可能性を示す。方法においては、Withコロナに対応した校内組織運営や外部との連携・協働、カリキュラム・マネジメントや生徒指導、対面授業とオンライン授業による「ハイブリッド」な授業運営さらに特別な支援を必要とする児童生徒への対応について実践を交えて説明し、それらをニューノーマル(新しい日常様式)なものとして学校教育に取り入れることを提案する。
  • withコロナ時代の授業のあり方
    庄子 寛之
    出版社:明治図書 出版年・月:2020年・9月 ISBN-13:978-4185132244 購入及び関係頁へはコチラから
    オンライン授業を推進した国公立学校教諭や私立学校教諭、学校専門ワークライフバランスコンサルタントなど、様々な分野のスペシャリストが、withコロナ時代の教育・授業の具体策を提言する。
  • すぐにできる! 双方向オンライン授業 ZoomTeamsGoogleソフトを活用して、質の高い講義と化学実験を実現
    福村 裕史, 飯箸 泰宏, 後藤 顕一
    出版社:化学同人 出版年・月:2020年・7月 ISBN-13:978-4759820430 購入及び関係頁へはコチラから
    Zoom,Teams,Google Classroomなどを使って,効果的に遠隔授業を実践する。
    東洋大学は教育実習を,福岡教育大学では小専理科の化学実験とレポートを,仙台高専では自宅で化学実験(物質の濃度を吸光度から測定し,濃度変化を数式で表す)を実施する。
   
EVRI コロナ書籍文献リスト(20201028) (1) 5のサムネイル
  • withコロナ時代の特別支援教育(『特別支援教育の実践情報』PLUS)
    特別支援教育の実践研究会(編)
    出版社:明治図書 出版年・月:2020年・9月 ISBN-13:978-4185134224 購入及び関係頁へはコチラから
    院内学級担当の副島賢和先生から「学ぶことは生きること」と病気を理由に学びを止めないための巻頭提言をいただく。マスク着用や手洗い、消毒など衛生面での配慮や指導、新しい生活様式にあわせ、オンラインでできること、できないこと等今後の指導支援の在り方を探る。
  • アフターコロナの教育業界
    ー現役・学習塾経営者がコロナ禍を通じて得た今後の教育業界(学習塾業界)の在り方を語る
    渡辺ゆうき(著)
    出版社:Kindle 出版年:2020年 購入及び関係頁へはコチラから
    学習塾経営者として、今回のコロナ騒動を受けて、変わったこと、今後の学習塾の在り方、これから必要とされる人材について述べている。子どもたちに学びの場を提供し、子どもたちの未来をつくるため、アフターコロナの新しい学びの場を提言する。
  • いい教師の条件 いい先生、ダメな先生はここが違う
    諸富 祥彦(著)
    出版社:Kindle 出版年・月:2020年・10月 購入及び関係頁へはコチラから
    「教育は人なり」といわれるが、過酷な現場で、教師は何を目指していけばいいのか?
    これからのアフターコロナ時代に、求められる「教師の資質」とは?
    「子どもを教育していくパートナー」である保護者にとっても、興味深いトピックを提言する。現役の教師から、子どもを学校に通わせる保護者まで、教育現場に関係するすべての人に届けたい一冊。
EVRI コロナ書籍文献リスト(20201028) (1) 6のサムネイル
  • オンライン学習・授業のデザインと実践
    赤堀 侃司(編)
    出版社:ジャムハウス 出版年・月:2020年・8月 ISBN-13:978-4906768844 購入及び関係頁へはコチラから
    ICT教育の第一人者である赤堀侃司氏による「オンライン学習の意義とデザイン」と、小学、中学、高等学校9校の先生方による「実践事例集」の2部構成。学校の先生や、教育関係者に向けて、“子どもたちの学びを止めない”ために何が必要かを解説しています。
  • オンライン学習でできること、できないこと新しい学習様式への挑戦
    千葉大学教育学部附属小学校 (著)
    出版社:明治図書 出版年・月:2020年・9月 ISBN-13:978-4184637238 購入及び関係頁へはコチラから
    オンライン学習という未知の領域に踏み出し、10日間で導入を決定した学校の、Microsoft Teamsを活用した3~6月の取り組みから現在の状況、今後の課題までリアルな実態を紹介。教師、子ども、保護者が一体となりコロナ禍を乗り切った軌跡がわかる1冊。
  • オンライン講義ーコロナの中で考える
    澁澤ゼミナール, 澁澤 健太郎, 蛭川 真琴, 前田 直哉, 長田 来実, 齊藤 祐己 , 指田 菜々子, 石垣 星多郎, 船岡 麻礼, 広辺 拓朗(著)
    出版社:Kindle 出版年・月:2020年 購入及び関係頁へはコチラから
    2020年、3月11日、WHO(世界保健機関)が新型コロナウイルスによる世界蔓延をパンデミック(世界的大流行)と宣言した。感染を避けるために大学は、休校を余儀なくされ急遽、オンライン講義が実施されている。オンライン講義の現状を受講する学生の目線で捉えた。一部の報告ではあるが、今後も継続される新たな教育のスタイルに一石を投じる。
EVRI コロナ書籍文献リスト(20201028) (1) 7のサムネイル
  • デジタル社会の学びのかたちVer.2:教育とテクノロジの新たな関係
    A.コリンズ, R.ハルバーソン(著)・稲垣忠(訳)
    出版社:北大路書房 出版年・月:2020年・10月 ISBN-13:978-4762831263 購入及び関係頁へはコチラから
    テクノロジの活用は,遠隔学習や,生徒個々のニーズ・能力に最適な教育のカスタマイズを可能たらしめ, 21世紀型スキル習得の橋渡しにもなる。公教育制度下でどう積極的に導入できるか。2009年の初版本を,北米における現在のデジタルメディア環境に即した内容へと一新。全ての教師たちの建設的な議論のために。
  • ハーモニーの教育
    ポスト・コロナ時代における世界の新たな見方と学び方
    リチャード・ダン(著),永田佳之(訳)
    出版社:山川出版社 出版年・月:2020年・8月 ISBN-13:978-4-634-15168-0 購入及び関係頁へはコチラから
    チャールズ皇太子が提唱する、持続可能な未来につながる教育「ハーモニー」。SDGsを実現させる教育と位置づけられているこの原則を本邦初公開。予測不可能なポストCOVID-19時代における希望の書!
  • ヒューマンライツ20209月号(№390
    「コロナ差別」~感染症との共存を考える
    一般社団法人 部落解放・人権研究所(著)
    出版社:Kindle 出版年・月:2020年 購入及び関係頁へはコチラから
    「ヒューマンライツ」は、さまざまな差別、貧困、社会的排除と闘い、人権が尊重される包摂型社会の実現をめざす人権情報誌です。人権・教育・啓発・情報をキーコンセプトに、職場や地域で啓発活動を行う際に役立つ内容で毎月発行しています。
EVRI コロナ書籍文献リスト(20201028) (1) 8のサムネイル
  • ポスト・コロナショックの授業づくり
    奈須 正裕(著)
    出版社:東洋館出版社 出版年・月:2020年・10月 ISBN-13:978-4-491-04291-6 購入及び関係頁へはコチラから
    本書は、コロナショックが学校にもたらした数々の課題について理論的・実践的な検討を加え、明日からの授業づくりに具体的に生かせる情報や洞察を、多様な事例と共に提供することを第一の任務とする。2020年4月、小学校において全面実施となった新学習指導要領における資質・能力を基盤とした学力論こそが先の3つの課題に応え、ポスト・コロナショックにおける授業づくりを構想し実践する上で極めて大きな力になることを、奈須正裕教授(上智大学)による解説と、全国の小・中学校関係者からの15本の提案によって紐解く。
  • ポストコロナ時代の新たな学校づくり
    高階 玲治ほか(編)
    出版社:学事出版 出版年・月2020年・9月 ISBN-13:978-4761926601 購入及び関係頁へはコチラから
    コロナ禍による休校明けの学校の課題と対応を具体的に解説
    ポストコロナ時代の学校をどう構想するか。学校生活、学習活動、教育課程経営、授業方法、学習評価、ICT活用、働き方改革などの面から、学校マネジメントの在り方・方向を考察。終章には、9月入学制についての論点整理を収録。【学校経営/小・中・高校管理職対象】
  • 学びのインフラ5.0ー「次世代の学校」をつくる4条件ー(新教育ライブラリ Premier Vol.3)
    ぎょうせい(著)
    出版社:ぎょうせい 出版年・月:2020年・10月 ISBN-13:978-4324108246 購入及び関係頁へはコチラから
EVRI コロナ書籍文献リスト(20201028) (1) 9のサムネイル
  • 学校アップデートーー情報化に対応した整備のための手引き
    堀田 龍也, 為田 裕行, 稲垣 忠, 佐藤 靖泰, 安藤明伸(著)
    出版社:さくら社 出版年・月:2020年・4月 ISBN-13:978-4908983436 購入及び関係頁へはコチラから
    ついに、学校現場にPCやタブレットなど情報端末一人1台時代が到来! その導入から試行錯誤の取り組みが急増する中、優れた情報教育を進める学校現場の授業を紹介しつつ、具体的な整備や研修のノウハウを提供します。
  • 学校の大問題
    石川 一郎(著)
    出版社:SBクリエイティブ 出版年・月:2020年・11月 購入及び関係頁へはコチラから
    コロナ禍による臨時休校で、これまで顕在化しなかった学校の問題がみえてきた。教育現場に突きつけられたのは、「未知なる状況にも対応できる」という、新学習指導要領の精神が求めるものである。日本の教育は変わることができるのか。教育関係者や保護者が知っておくべき「教育リスク」を明らかにするとともに、いかに対応していくべきか。民間の教育機関やICTの専門家による助言をまじえながら論じていく。
  • 学校の日常・危機・緊急時に求められる学校の説明・メッセージ74実例: こんなとき、学校の説明責任をどのように果たすか
    教育開発研究所 (編)
    出版社:教育開発研究所 出版年・月:2020年・7月 ISBN-13:978-4865605266 購入及び関係頁へはコチラから
    危機対応が問われる時代に待望の1冊!
    新型コロナウイルスへの対応・説明など危機場面ごとに説明74実例を紹介!
EVRI コロナ書籍文献リスト(20201028) (1) 10のサムネイル
  • 教育委員会が本気出したらスゴかった。ーコロナ禍に2週間でオンライン授業を実現した熊本市の奇跡ー
    佐藤 明彦(著)
    出版社:時事通信社 出版年・月:2020年・9月 ISBN-13:978-4788717084 購入及び関係頁へはコチラから
    端末の導入や環境の整備から、教員の研修・意識改革、保護者対応まで、教育委員会の鬼気迫るほどの本気の取り組みに迫る。行政・教育関係者はもちろん、ビジネスパーソンも必見の一冊!
  • 教育方法49 公教育としての学校を問い直す: コロナ禍のオンライン教育・貧困・関係性をまなざす
    日本教育方法学会(編)
    出版社:図書文化 出版年・月:2020年・10月 ISBN-13:978-4810007480 購入及び関係頁へはコチラから
    学校には,学習以外にも,多くの役割がある。これまでの公教育としての学校を振り返りながら,子どもたちのまわりで発生しているいじめや格差,安全,学校の小規模化など,さまざまな課題を取り上げ,これからの学校について多角的に検討していく。
  • 緊急開校!オンライン学校の取り組み子どもたちに「学びの場」を取り戻す
    (SHIFT―
    変化するウィズ/アフターコロナの世界へ、今行動する出版プロジェクト
    ―)
    及川政孝, 香坂公嗣, good.book編集部(著)
    出版社:good.book 出版年・月:2020年・9月 ISBN-13:978-4909288684 購入及び関係頁へはコチラから
    本書では、休校によって子どもたちが奪われた「学びの場」を提供するため、2020年4月に開校されたオンライン上の学校の取り組みの全容を紹介しています。このプロジェクトの取り組みを知ることで「これからの学校での学び」「これからの家庭内での学び」「これからの地域での学び」など複数のレイヤーで求められる学びについての大きなヒントになると考えています。
EVRI コロナ書籍文献リスト(20201028) (1) 11のサムネイル
  • 今だからこそ「子ども発」の学びを: バーチャルからリアルに
    行田 稔彦, 船越 勝(著)
    出版社:新評論  出版年・月:2020年・8月 ISBN-13:978-4794811578 購入及び関係頁へはコチラから
    本書では、それらを重視する教育を「原体験教育」と呼んでいるわけだが、言葉を換えれば「バーチャルからリアルへ」ということである。自然や物事の事実から出発し、生じた問いが仲間との学び合いによって発展し、人々と結ばれて社会を認識し、地域と共に歩む形で学びがさらに発展していく。「自分ごととして問題解決を考える」主権者としての学びを生み出している本書の教育実践は、「コロナ時代に求められる教育の原理」に大きな示唆を与えるだろう。コロナ禍が子どもたちから奪ったものは、「3か月の授業遅れ」だけではないのだ!
  • 子どもの権利条約からの学校再構成: 教員採用試験にも対応
    近藤真理子(著)
    出版社:Kindle 出版年:2020年 購入及び関係頁へはコチラから
    本書は、「子どもの権利条約」を下敷きにどのように子どもの権利を学校で守っていくのか、ということをイメージできるように解説をします。そこを理解して、自分の言葉での面接の問いに応えてください。コロナ禍の混乱を子どもの権利を守り、学習指導要領についての理解と実践について話をすることができれば、より具体的で面接官が欲しい答えになります。
  • 子ども白書 2020 緊急企画コロナ子どもクライシス 特集希望の学校学びのゆくえ
    日本子どもを守る会(編)
    出版社:かもがわ出版 出版年・月:2020年・8月 ISBN-13:978-4-7803-1101-3 購入及び関係頁へはコチラから
    いのちと健康・医療・家庭・福祉・司法・学校・地域・文化など、日本の子どもをめぐる現状を詳細に分析し、全国各地の取り組みを紹介する。
EVRI コロナ書籍文献リスト(20201028) (1) 12のサムネイル
  • 新型コロナから子供と新課程を守る処方箋(新教育ライブラリ Premier Vol.2)
    ぎょうせい(著)
    出版社:ぎょうせい  出版年・月:2020年・8月 ISBN-13:978-4324108239 購入及び関係頁へはコチラから
  • 続 やってみよう! 小学校はじめてのオンライン授業
    堀田 龍也, 樋口 万太郎(編)
    出版社:学陽書房 出版年・月:2020年・8月 ISBN-13:978-4313654136 購入及び関係頁へはコチラから
    2020年度のうちにすべての子どもに1人1台端末の時代が始まる!コロナの第2波のときに「オンライン授業できません」は、もうどの学校でも許されない! どの学校でも、どのクラスでもできる無理のないオンライン授業のはじめ方、子どもの学びを止めない方法がわかる!たくさんの具体的事例を紹介!
  • 未来の学校 ポスト・コロナの公教育のリデザイン
    石井 英真(著)
    出版社:日本標準 出版年・月:2020年・9月 ISBN-13:978-4820806974 購入及び関係頁へはコチラから
    コロナ禍で浮き彫りになった学校の困難はコロナ以前からあった学校や授業をめぐる問題が顕在化した部分が大きい。「with コロナ」の経験を「公教育のバージョンアップ」という未来の学校構想につなげていくためにはどうすればよいのか…日本の学校の進むべき道を指し示す! !
(準備中)
(準備中)

 

2.コロナ関連論文タイトル

  • 天笠茂「”ウィズコロナ”のカリキュラム・マネジメント」『週刊教育資料』1576号、2020年7月 
  • 石隈利紀「新型コロナウイルス感染拡大による学校危機と対応」『日本教育』498号、2020年7月
  • 新井聡「海外大学最新事情 中国 : 新型コロナウイルス禍でのオンライン教育」『IDE : 現代の高等教育』623巻、2020年8月
  • 岩本悠 中室牧子 牧島かれん 今村久美「休校でわかった! 学校の本質とICTの可能性 座談会 コロナ後の教育 変えるべきもの、変えてはならないもの」『中央公論』134巻8号、2020年8月
  • 内田良「ホームは安全か? : リスクはコロナだけではない」『教育展望』66巻7号、2020年7月
  • 越智紀子「授業実践 風がかわる 匂いがかわる 高校コロナ休校で考えたこと」『くらしと教育をつなぐwe』29巻3号、2020年8月
  • 工藤文三「中学校・高等学校教育の動向と課題(46)新型コロナウイルス感染症と学校教育」『私学経営』546号、2020年8月
  • 糀谷陽子「「コロナ」禍を生きる子どもたちとともに : 子どもの権利条約がいきる教育、社会をめざして (闘う・戦う : 子どもたちに平和を)」『子どもの文化』52巻7号、2020年7月
  • 小林史明 工藤勇一 合田哲雄「元凶は「手段と目的を履き違えた教育」だ 対談 コロナを機に問う学校の「当たり前」」『中央公論』2020年10月号、2020年9月
  • 齋藤卓也「管理職必携 安心・安全の新常識 新型コロナウイルス感染症による偏見や差別の防止(上) 適切な知識を基に発達段階に応じた指導」『週刊教育資料』1576号、2020年7月
  • 竹内紀子「養護教諭なんでも相談室 コロナ禍でのメンタルヘルスについて」『心とからだの健康』第24巻8号、2020年8月
  • 中野宏行「教育レポート 試行錯誤と新たな困難が続く学校の再開 : コロナ禍を契機に学校と社会のあり方を考え、ともに声をあげよう」『ねっとわーく京都』379号、2020年8月
  • 成田龍一「いま、コロナウイルス禍の中で : 社会史研究の成果に学ぶ」『歴史地理教育』913巻、2020年8月
  • 鮑威「新型コロナで広がる遠隔授業 : 中国の経験 (経験してみた遠隔授業)」『IDE : 現代の高等教育』623巻、2020年8月
  • 緑川享子「教育ソリューション コロナ危機の時代 ITの活用で教育改革の突破口に」『月刊カレント』第57巻8号、2020年8月
  • 山口文子「「ピースおおさか」の平和紙芝居活動 : コロナ禍と闘う平和紙芝居への思い」『子どもの文化』52巻7号、2020年7月
  • 山田龍太郎「公民館・図書室からの風景(その10)新型コロナウイルスだからって、公民館・社会教育活動は止めないぞ!」『みんなの図書館』520号、2020年8月
  • 山本順一「図書館の生態系(4)ニュー・コロナウイルス(COVID-19)と図書館」『みんなの図書館』520号、2020年8月
  • 「コロナ禍のもとで学校現場は?」『家教連家庭科研究』第357号、2020年8月

3.コロナ関連雑誌タイトル

  • 一般社団法人 部落解放・人権研究所 編「「コロナ差別」~感染症との共存を考える」『ヒューマンライツ』2020年9月号(№390)、Kindle、2020年
  • クレスコ編集委員会 編 全日本教職員組合 編「「コロナ禍」を子どもと生きる」『月刊クレスコ』No.235、大月書店、2020年9月
  • 佐藤広美「コロナ禍に向き合う教育」『教育』2020年9月号、旬報社、2020年8月
  • TOSS中央事務局 編 TOSS青年事務局 編「コロナ対応!危機管理の徹底研究」『教育ツーウェイNEXT』Vol.14、学芸みらい社、2020年10月
  • 中嶋哲彦 宮澤弘道「オンライン教育の拡大と子どもの学ぶ権利」『世界』Vol.937(2020年10月号)、岩波書店、2020年9月
  • 日本作文の会常任委員会「コロナ禍での子どもの生活、学校、社会」『作文と教育』8・9月号 No.885、本の泉社、2020年8月
  • 堀川薫山「梨県韮崎市教育長に聞く コロナ契機にオンライン推進」『内外教育』第6857号、時事通信社、2020年9月
  • 「アフターコロナの羅針盤 経済・産業・株価・国際情勢・医療・教育の未来! 賢人100人に聞く! 日本の未来」『週刊ダイヤモンド』2020年9月26日号、日本ダイヤモンド社、2020年9月
  • 「withコロナで大変化!2021年度中学入試予測」『私立中高進学通信』Vol.319 (2020年10月号)、栄光ゼミナール、2020年9月
  • 「withコロナの併願大作戦」『私立中高進学通信』Vol.320(2020年11月号)、栄光ゼミナール、2020年10月
  • 「withコロナ&afterコロナの道徳授業」『道徳教育』2020年 11月号、明治図書、2020年10月
  • 「ウィズコロナ×保育・教育の多事争論」『発達』164、ミネルヴァ書房、2020年10月
  • 「教室環境からICT活用,対話的な学びまで ポストコロナの学級・授業“新様式”」『授業力&学級経営力』2020年 12月号、明治図書、2020年11月
  • 「教師のチカラ」編集委員会「「自学力」を育てる!With/Afterコロナの授業力」『子どもを「育てる」教師のチカラ』No.43 (2020年秋号)、日本標準、2020年9月
  • 「緊急時を乗り切る―日々の療育がカギとなる―」『発達プログラム』No.157、コロロ発達療育センター、2020年8月
  • 「COVID19 新型コロナウイルス感染症 : 保健師の活動を記録する」『保健師ジャーナル』76巻8号、医学書院、2020年8月
  • 「コロナ禍、保護者への情報発信の工夫」『月刊学校教育相談』2020年6月号、ほんの森出版、2020年5月
  • 「コロナ禍、保護者への情報発信の工夫」『月刊学校教育相談』2020年10月号、ほんの森出版、2020年9月
  • 「コロナ時代の大学」『現代思想』第48巻14号、青土社、2020年9月
  • 「コロナ危機と大学」『三田評論』1247号、慶應義塾、2020年8月
  • 「「自学力」を育てる! With/Afterコロナの授業力」『子どもを「育てる」教師のチカラ』No.43(2020年秋号)、日本標準、2020年9月 
  • 「時間短縮・コロナ対応を考えた言語活動ミニ事典」『実践国語研究』2020年11月号、2020年9月
  • 「新型コロナウイルス感染症 これからの学校・教育」『看護教育』Vol.61 No.10、医学書院、2020年9月
  • 「新型コロナウイルスと高校教育(2)」『月刊高校教育』53巻9号、学事出版、2020年8月
  • 「新型コロナウイルスによる子どもたちの不安への対応『月刊学校教育相談』2020年8月号、ほんの森出版、2020年7月
  • 「新型コロナウイルスの影響と教育の展望」『看護教育』Vol.68 No.8、医学書院、2020年8月
  • 「新型コロナ禍で、子どもたちは、学校は?」『ひろば・京都の教育』203号、京都教育センター 「ひろば・京都の教育」刊行委員会、2020年8月
  • 「新型コロナ」にまつわる愚痴・悩み・本音をこぼす」『月刊学校教育相談』2020年11月号、ほんの森出版、2020年10月
  • 「特集 対話的な学びを! 「ペア・グループ学習」成功の秘訣」『社会科教育』57巻8号、明治図書、2020年8月
  • 「特集 食農教育 セカンドステージ ~“コロナ後”に備えて いまできること~」『地上』74巻8号、家の光協会、2020年8月
  • 「特集 Withコロナ社会への第一歩 : 放送と教育」『New media』38巻8号、ニューメディア、2020年8月
  • 「特集1 カリキュラム編成の指針 特集2 新型コロナウイルスの影響と教育の展望」『看護教育』  2020年 8月号増大号、医学書院、2020年8月
  • 「特集1 コロナ時代の新常識 「教育の情報化」は対策ゼッタイ」『教員養成セミナー』   2020年11月号、時事通信社、2020年9月
  • 「不測事態の教育指導」『月刊先端教育』2020年5月号、Kindle、2020年
  • 「ポストコロナの国立大学 ―死と再生のシナリオ」『文部科学 教育通信』No.491、ジアース教育新社、2020年9月
  • 「ポストコロナの国立大学 ―死と再生のシナリオ(2)」『文部科学 教育通信』No.492、ジアース教育新社、2020年9月
  • 「ポストコロナの国立大学 ―死と再生のシナリオ(3)」『文部科学 教育通信』No.493、ジアース教育新社、2020年10月
  • 「ポスト・コロナの学校を描く」『教職研修』教職研修総合特集通巻701号、教育開発研究所、2020年8月
  • 「ポスト・コロナの新しい学校づくり A4・1枚実例シート65」『教職研修』教職研修総合特集通巻702号、教育開発研究所、2020年9月
  • 「学びの保障の具体策 : 教育現場のコロナ対応」『先端教育』10巻、先端教育機構、2020年8月
  • 「3つのキーワードで読み解く ポスト・コロナの授業デザイン」『教育科学 数学教育』2020年 10月号、明治図書、2020年9月
  • 「3つのキーワードで読み解く ポスト・コロナの授業デザイン」『教育科学 数学教育』2020年 10月号、明治図書、2020年9月
  • 「レベル別で提案! withコロナ期の体育授業づくり」『楽しい体育の授業』2020年10月号、明治図書、2020年9月

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。