menu
広島大学教育ヴィジョン研究センター 平和・市民性教育ユニット 教授

川口隆行
Takayuki Kawaguchi

広島大学教育学部卒業。同大学院教育学研究科修了。博士(学術)。台湾での研究,教員生活を経て,2008年より広島大学大学院准教授。2020年より教授。
専門は日本近現代文学,文化史です。近年の主な研究関心は,1)原爆文学や戦争表象,2)50年代サークル運動をはじめとした社会運動と文化生産,3)東アジアの植民地化,脱植民地化における言語や文学の問題です。いずれのテーマも冷戦の時代に成立した,一国主義的な日本の戦後史の枠組みを問い直す試みです。ほかにも難民や移民,公害や災害を文学・文化史的視野から考えること,いまよりマシな社会をつくる「ことばの教育」にも関心があります。

研究業績Research Results

【論文】
・(書評論文)李承俊『疎開体験の戦後文化史 帰ラレマセン、勝ツマデハ』, 社会文学, 52号, pp. 196-197, 20200801
・動物たちの原爆文学――『原爆詩集』試論, エコクリティシズム・レヴュー, 13号, pp. 11-21, 20200806
・「思い出す」ためのレッスン(特集「二十世紀日本語詩へ」), 現代詩手帖, 63巻, 11号, pp. 46-49, 20201028
・(書評)駒込武編『生活綴方で編む「戦後史」――〈冷戦〉と〈越境〉の1950年代』, 図書新聞, 3475号, pp. 6, 20201212

【発表】
・被爆者支援運動と手記集『原爆に生きて』, 日文研共同研究会「東アジア冷戦下の日本における社会運動と文化生産」第3回, 2020年02月23日, 通常, 日本語, 国際日本文化研究センター(京都市)
・コメンテーター、謝惠貞「在日台湾人作家温又柔『空港時光』研究」, 日本台湾学会第22回学術大会, 2020年05月, 招待, 日本語, 日本台湾学会, 書面開催(オンライン)

研究テーマ・研究関心Research Concern

原爆文学
戦争と平和論
植民地主義と脱植民地主義
戦後文化運動
東アジア文化史
言語文化教育

関連するWEBサイトRelated Website