menu
広島大学教育ヴィジョン研究センター 教育研究推進員(2023年2月〜現在に至る)

髙須明根
Akane Takasu

人間社会科学研究科教育科学専攻教育学プログラム教育学コース博士課程後期2年。
教育哲学を専門とし、「子ども」や「自由」をキーワードに研究を進めています。他にも、共同研究では日本人学校を対象に、教育学や教科教育学の研究者とともに領域横断的な研究を行っています。
詳しくは、resasechmapをご参照ください。

EVRIでは教育研究推進員として、以下の業務に携わっています。
①定例セミナーの運営支援、広報
②EVRIブラウンバッグランチョンの企画、運営支援、広報
③教師教育者のためのプロフェッショナル・ディベロップメント講座の運営支援、共同論文執筆
④広域交流型オンライン社会科地域学習の事務局機器担当
⑤EVRI-HU PELSTE Programの運営支援(海外からの参加者への対応等)

研究業績Research Results

・髙須明根(2023)「市民性教育の基礎論としてのバーリン価値多元論の可能性:その「現実感覚」に着目して」『教育哲学研究』第127号、pp.58-76.
・髙須明根(2022)「道徳の内容項目「社会正義」に関する基礎的考察:ジュディス・シュクラーの議論から」『教育学研究紀要』第68巻、pp.187-192.
・髙須明根, 川本吉太郎, 太田淳平, 田口直也, 服部美紀, 藤原由佳, 石井佳奈子(2022)「日本人学校での教職経験者の語りからみるこれからの「公教育」像」『教育学研究紀要』第68巻、pp .667-676.

研究テーマ・研究関心Research Concern

教育哲学、政治理論、政治哲学、市民性教育、日本人学校

関連するWEBサイトRelated Website