menu
広島大学教育ヴィジョン研究センター カリキュラムユニットリーダー(IBクラスタ)・教授

棚橋健治
Kenji Tanahashi

※準備中

研究業績Research Results

【著書】
・全国社会科教育学会(2015)『新社会科授業づくりハンドブック 中学校編』,明治図書出版,共著 棚橋健治「第6章 教師の共同的な授業研究を通した授業づくり」,978-4-18-187117-8.
・草原和博・溝口和宏・桑原敏典(2015)『社会科教育学研究法ハンドブック』,明治図書出版,共著 棚橋健治「第三編 社会科教育学研究のストラテジー1.学術論文の審査はどのように行われているか」,978-4-18-195613-4,278.
・井田仁康・中尾敏朗・橋本康弘編 著(2017)『授業が変わる!新しい中学社会のポイント』日本文教出版,単行本(一般書),共著 棚橋健治『「資質・能力」を育成する公民の学習』,pp. 162-165.
・角屋重樹・池野範男ほか(2017)『教科教育研究ハンドブック』,教育出版,共著 棚橋健治,978-4-316-80434-7.

【雑誌】
・棚橋健治(2018)『身近な問題を自分事としてとらえ,考える授業 成功の分岐点:身近なジレンマ問題の活用の視点から 選択・判断の背後にある社会的価値の対立・葛藤に向き合う授業 (特集 「選択・判断する力」を鍛えるジレンマ教材25選)』,社会科教育 55(1),10-13,明治図書出版.
棚橋健治(2018)『主体的・対話的で深い学び 案外身近にある探究的な学びをヒントに(特集 1年間を決める! 成功する授業開き 特選ネタ30選)―(今年から取り組みたい! 新社会科授業テーマ別はじめの一歩),社会科教育 55(4),20-23.
棚橋健治(2018)『社会科の「見方・考え方」が鍛えられる授業とは』,学校教育 1210,6-13.

【発表】
・棚橋健治(2017)尚志会福岡県支部総会, 尚志会福岡県支部,講師,セミナー・ワークショップ,教育関係者,2017年1月8日,2017年1月8日.
・青本和樹・植野裕行・久保美奈・篠田裕文・山田夏子・棚橋健治(2018)「IBDP「歴史」における「指定学習項目」の授業開発-歴史学習における史資料の読解・分析の一例として-」,全国社会科教育学会,山梨大学,2018年10月21日.

【その他、報告書や翻訳等】
・『社会科教育』編集部(2017年)『平成29年版 学習指導要領改訂のポイント 小学校・中学校 社会, 明治図書出版, 2017年, 4, 単行本(一般書)』,共著 棚橋健治「育成を目指す資質・能力の三つの柱ー知識の構造化の視点から社会科で求められる取組とはー 知識・技能:事象を捉える視点・問いを引き出す構造化」,pp.14-17.
・草原和博・木下博義・松宮奈賀子・川合紀宗・三好美織・影山和也・川口広美・棚橋健治・山元隆春・間瀬茂夫・兼重昇・永田良太・岩田昌太郎・井戸川豊・吉田成章・森田愛子・桑山尚司・大坂遊・吉川友則(2018)『教育ヴィジョン研究センターの企画・運営戦略に関する研究(2)』,広島大学大学院教育学研究科共同研究プロジェクト報告書,16巻,69-76.

研究テーマ・研究関心Research Concern

※準備中

関連するWEBサイトRelated Website