menu
広島大学教育ヴィジョン研究センター 学習空間ユニット(インクルーシブクラスタ)・准教授

松宮奈賀子
Nagako Matsumiya

 小学校における英語教育を専門にしています。もともと外国語を学習する場面で起こりうる「外国語不安」を研究テーマにしていましたが,学習者が不安になるような授業の背景には,指導に自信が持てなかったり,指導経験が十分でないために児童の不安感をしっかり見取り,対応することができなかったりする「指導者の不安」があるのではないかと考えるに至り,現在は教師教育へと関心を広げています。
 EVRIでは「学習空間ユニット」に所属し,知が生まれ,深まる場,個々の学習者のつまづきに対応する場や指導者の在り方について研究をしています。EVRIの魅力は専門分野の異なる研究者が集まり,分野の垣根を越えて議論を交わし,知の深まりを目指すことができることだと思います。心理学と教科教育学は互いに密接に関わり合っていますし,現場に出れば教科の指導と特別支援は無関係ではいられません。しかし,研究という点ではなかなか十分な交流ができてこなかったように思います。様々な分野の研究者を擁するEVRIだからこそできる研究,また人的交流は改めて自分の研究を考えさせる機会となってくれていますし,自分一人では挑戦できなかったであろう研究に関わる機会を提供してくれています。

研究業績Research Results

【著書】
・樋口忠彦,加賀田哲也,泉惠美子,衣笠知子編著(2017)『新編小学校英語教育法入門』研究社,松宮奈賀子分担執筆,「9章 指導方法と指導技術」,pp.123-138.
・松宮奈賀子「Q2-6 英語学習に関わる学習者要因とは?」樋口忠彦,髙橋一幸,加賀田哲也,泉惠美子編著(2017)『Q&A小学英語指導法事典 教室の質問112に答える』教育出版,pp.25-26.
・松宮奈賀子「Q10-1 児童にやる気を起こさせる指導のポイントは?」樋口忠彦,髙橋一幸,加賀田哲也,泉惠美子編著(2017)『Q&A小学英語指導法事典 教室の質問112に答える』教育出版,pp.196-197.
・松宮奈賀子「Q10-3 中学年の児童の動機づけを高める指導とは?」樋口忠彦,髙橋一幸,加賀田哲也,泉惠美子編著(2017)『Q&A小学英語指導法事典 教室の質問112に答える』教育出版,pp.200-201.
・松宮奈賀子「Q10-4 高学年の児童の動機づけを高める指導とは?」樋口忠彦,髙橋一幸,加賀田哲也,泉惠美子編著(2017)『Q&A小学英語指導法事典 教室の質問112に答える』教育出版,pp.202-203.
・鈴木由美子編著(2018)『教師教育講座第6巻 教育課程論 改訂版』協同出版.松宮奈賀子 分担執筆,第12章「外国語活動・外国語科の教育課程」,pp.199-225.

【論文】
・Katsuhisa HONDA, Takaaki TAKEUCHI, Nagako MATSUMIYA (2017) Pre-service Teacher Training Practicesn for Primary English Education in Japan『初等教育カリキュラム研究』第5号,pp.69-79.
・松宮奈賀子・森田愛子(2016)「教員志望学生が英語母語話者とのティーム・ティーチング形式での模擬授業から得る学びと指導への自信」『JES Journal』第16巻,pp.195-210.
・松宮奈賀子・森田愛子(2015)「小学校教員養成課程における「学級担任としての英語力」育成のためのスピーチ練習の効果」『JES Journal』第15巻,pp.95-110.
・松宮奈賀子・森田愛子(2015)「小学校教員養成課程に学ぶ大学生の外国語活動指導者イメージ -「外国語活動指導法」での指導内容を検討するために-」『日本教科教育学会』第38巻 第2号,pp.81-90.
・松宮奈賀子・幡井理恵(2017)「小学校英語授業におけるTeacher Talkの工夫に対する大学生の気付きの検討」『日本児童英語教育学会(JASTEC)研究紀要』第36巻,pp.89-105.
・本田勝久・松宮奈賀子・山本長紀・田所貴大・建内高昭・星加真美・染谷藤重(2019)「小学校英語教員養成の高度化に関するカリキュラム策定」『JES Journal』,Vol.19,pp.212-227.
・深澤清治・松浦武人・松宮奈賀子・渡邉巧・伊藤健志朗・榎原朱梨・小松薫穂・福田麟太郎・藤井志保,宮島侑希,八島恵美・渡部真吾(2019)「大学院生によるアメリカの小中学校での体験型海外教育実地研究報告Ⅻ」『学校教育実践学研究』, 第25巻. pp.109-117.

【雑誌】
・松宮奈賀子(2018)「小学校新教材の題材の特徴」『 英語教育』67巻 7号,pp.26-27.

【発表】
・本田勝久・建内高昭・松宮奈賀子(2016)「Pre-service Teacher Training Practices for Primary English Education in Japan」The 11th International Symposium on Teacher Education in East Asia(於:華中師範大学),2016年.
・松宮奈賀子・幡井理恵(2017)「大学生による小学校英語授業の分析:Teach English in Englishを可能にする指導者の工夫への気付きの検討」初等教育カリキュラム学会(於:広島大学)2017年1月8日.
・松宮奈賀子(2017)「小学校外国語(英語)の指導にあたる教員に 求められる英語力の具体を探る」日本教科教育学会(於:北海道教育大学),2017年9月10日.
・本田勝久・建内高昭・松宮奈賀子(2017)「Teacher Training Standards for Primary English Education in Japan」The Third Global Teacher Education Summit(於:北京師範大学),2017年10月15日.
・本田勝久・建内高昭・松宮奈賀子・山本長紀・星加真美・染谷藤重・田所貴大(2018)「小学校英語教員養成の高度化に関するカリキュラム策定―東アジア諸国における教科専門科目の位置づけ-」第18回 小学校英語教育学会長崎大会 課題研究,2018年7月29日.
・松宮奈賀子,幡井理恵(2018)「小学校英語授業におけるTeacher Talkの工夫 明示的指導の効果に関する大学院生を対象としたパイロット調査」第18回 小学校英語教育学会長崎大会,2018年7月29日.
・Norimune Kawai, Hiroaki Kobayashi, Yuki Hara, Shoko Miyamoto, Masashi Hayashida, Nagako Matsumiya (2018) Clinical Methods for School-Age Children Who Stutter: A Survey Study, ASHA(American Speech-Language-Hearing Association) , Boston, USA, 2018.11.16.

【その他、報告書や翻訳等】
・草原和博・木下博義・松宮奈賀子・川合紀宗・三好美織・影山和也・川口広美・棚橋健治・山元隆春・間瀬茂夫・兼重昇・永田良太・岩田昌太郎・井戸川豊・吉田成章・森田愛子・桑山尚司・大坂遊・吉川友則(2018)「教育ヴィジョン研究センターの企画・運営戦略に関する研究(2)」,広島大学大学院教育学研究科共同研究プロジェクト報告書, 16巻,69-76.

研究テーマ・研究関心Research Concern

英語教育
小学校
教員養成
教師教育
Teacher Talk

関連するWEBサイトRelated Website