menu
広島大学教育ヴィジョン研究センター 学習空間ユニット(知識創生クラスタ)・准教授

影山和也
Kazuya Kageyama

 「人はどのように数学を学ぶのか」
 「人の成長に数学はどのように関わるのか」
 「そもそも数学とは何なのか」
 これらの大きな問いに向き合いながら考察と研究を進めてきました。教科としての「数学」は学習指導要領や教科書のなかに既にあるようにみえますが,「数学」は本来,継続中の人の活動そのものであり,同時に継承されるべき文化産物でもあります。たとえば,教室では多くの数学の公式が扱われると思いますが,それらは固定的かつ無価値ではないし,その時々の必要に応じて別の公式を新たに作り出してよい自由が数学にはあります。先人たちの知恵や,時には人間らしい悩みに触れつつ,児童・生徒が数学をする者としての主体になることを保障する場としての学校や教室の在り方を考えています。
 EVRIでは「学習空間ユニット:知識創成クラスタ」に所属しながら,児童・生徒によって教室が意味のある空間であるための必要条件を探っています。そのために,仮説-検証,原因-結果にしばられない教育研究パラダイムのもとで,カリキュラムの新しい構想,意味のある空間になるための環境設計,そこでの児童・生徒および教師の振る舞いの提言を目指しています。

研究業績Research Results

2017年度
<学術>
★影山和也(2017).「有意味世界の生起としての数学学習-数学の学習と指導への現成主義的アプローチ-」,日本数学教育学会『第50回秋期研究大会発表集録』,465-468.
★Kazuya Kageyama and Masataka Koyama(2018).Individual and collective aspects of students’ mathematical noticing. In Proceedings of the International Conference of 8th ICMI-East Asia Regional Conference on Mathematics Education(accepted).

<講演>
日本数学教育心理研究学会・平成29年度秋期研究集会・講演「「研究が進む」ことの意味:研究の質向上の指針」.平成29年11月3日(愛知教育大学).

<その他>
・平成29年度全国数学教育学会学会奨励賞(「「等分除とその拡張」に関わるわり算問題の調査結果の考察」(共著))
・平成29年度呉地域活性化研究(「橋」をテーマとした呉地域版<おもしろ数学カレンダー>の作成)

@関連するリンク
http://home.hiroshima-u.ac.jp/kkageya/index.html

研究テーマ・研究関心Research Concern

算数・数学教育
数学に関する認知論・認識論
数学的気づき
現実と数学
教育研究の学際性

関連するWEBサイトRelated Website