menu
広島大学教育ヴィジョン研究センター カリキュラムユニット(教師教育クラスタ)・教授

間瀬茂夫
Shigeo Mase

 教師は,どのように自身の成長過程をとらえるのか?ふりかえってみると,私のこれまでの研究は,この問いにつながっていたように思います。
 私は,「教師の持つ国語学力観と読みの授業のあり方の関わりに関する研究」というテーマで,研究者としての研究をスタートさせました。もう四半世紀ほど前のことになります。国語科授業における説明的文章の読みの学力形成という個別のテーマでしたが,国語の教師は自ら学力観を拡張・更新しながら授業を改善するというモチーフは,そこからはじまっていたと思います。
 その後,国語教育学研究の中でも説明的文章の読みの学力形成論を中心に研究を行いながらも,教育実習の制度設計や,教員養成学部において学生のプロファイルシートの作成を軸とした教師力の評価システムの開発に携わることで,教師教育研究にも力をそそいできました。現在は,広島大学の教員免許ポートフォリオ・システムを改善することによって,全国の総合大学における教員養成に資する汎用的なポートフォリオ・システムの開発をめざして,共同研究に取り組んでいます。
 私が,国語の中でも読むこと,とりわけ説明的文章の読みという狭いテーマを自身の研究の軸としながらも,こうして広く考えることができるようになったのも,教育学や心理学の研究者や,教育行政や現場に携わる先生方と協同で研究に取り組んできたからです。そうした出会いや取り組みが,EVRIにおいてさらに広がるとよいと願っています。

研究業績Research Results

<著書>
★間瀬茂夫,『説明的文章の読みの学力形成論』,渓水社(総355頁),2017年
・位藤紀美子監修『言語コミュニケーション能力を育てる─発達調査をふまえた国語教育実践の開発─』,世界思想社(総320頁),2014年
・全国大学国語教育学会編,『国語科教育学研究の成果と展望II』,学芸図書(総574頁),2013年
<論文>
・間瀬茂夫,「「学力の三要素にもとづく教育改革と国語学力形成」,教育科学国語教育,pp.5-9,2018年3月(印刷中)
・間瀬茂夫,「実態的調査に基づいた国語教育研究の可能性」(全6頁),全国大学国語教育学会・課題研究報告書「国語教育における調査研究」(印刷中)
・間瀬茂夫,「国語科における学習者の言語行為の質的把握と授業づくり」,月刊国語教育研究,pp.28-31,2017年7月
・間瀬茂夫,竹下俊治,山崎敬人,草原和博,森田愛子,吉田成章,「広島大学教育学部における教員免許ポートフォリオと「教職実践演習」の教育的効果の検証と改善」,広島大学大学院教育学研究科共同研究プロジェクト報告書,第14号,pp.35-44,2016年3月
・間瀬茂夫,河野智文,「高等学校における小説の読みの学力評価のあり方─評価問題による検討─」,国語教育研究,第58号,pp.55-67,2016年3月
・間瀬茂夫,「高等学校における高次読解力の評価のあり方─読解力評価問題の活用─」,国語教育研究,第56号,pp.219-230,2015年3月
★間瀬茂夫,「説明的文章の論証理解における推論─協同的な過程における仮説的推論を中心に─」,国語科教育,第70集,pp.76- 83,2011年9月
・間瀬茂夫,守田庸一,「小グループによる中学生の話し合い過程の分析─協同的な論証に注目して─」,学校教育実践学研究,第17巻,pp.27- 37,2011年
・間瀬茂夫,松友一雄,守田庸一,田中俊弥,「小学生の話し合い能力の発達に関する研究─同一課題による調査を通した考察─」,国語科教育,第62集,pp.67- 74,2007年9月
・間瀬茂夫,川路澄人,嘉賀収司,高旗浩志,森本直人,石上城行,秦光司,齋藤英明「2年次における学校教育実習カリキュラムの設計と実際─学校教育実習IIを通したファカリティ・デベロップメント─」,島根大学教育臨床総合研究,第5号,pp.37-53,2006年3月

研究テーマ・研究関心Research Concern

・教師教育におけるポートフォリオ評価の機能
・国語科授業における国語学力評価
・説明的文章の論理の理解
・協同的な過程(話し合い)における理解の進化