menu
広島大学教育ヴィジョン研究センター 諮問委員

武田信子
Nobuko Takeda

(Amazonの著者紹介欄より引用)
武蔵大学人文学部教授・臨床心理士。東京大学大学院教育学研究科博士課程満期退学。元トロント大学・アムステルダム自由大学大学院客員教授。臨床心理学、ソーシャルワーク、教師教育学をベースに、すべての子どもがウェルビーイングに暮らせる社会を目指し、子どもたちの声を社会に届けるアドボケイトとして活動。子ども・子育て支援や教育・心理・コミュニティワーク・人権・遊びに関する講演や研修多数。子どもの遊び・生活環境を改善する各地の試みに数多く関わっている。『子ども家庭福祉の世界』(有斐閣、共編)など著作多数。

(※武蔵大学「教員プロフィール」ページより引用、一部改変)
1986年 東京大学大学院教育学研究科修士課程教育心理学専攻入学
    以降、複数の学校・医療機関等で教員と臨床心理士として勤務
1992年 東京大学大学院教育学研究科教育心理学専攻博士課程満期退学
2005年 武蔵大学 教授
2006年 海外特別研究員(オランダ・アムステルダム自由大学心理教育学研究科客員研究員)(2006年4月〜2007年1月)
2015年 海外特別研究員(カナダ・トロント大学大学院Factor of Inwentash Faculty of Social Work客員教授)

臨床心理士(心理臨床実践:東京大学教育学部心理教育相談室室員・関東中央病院精神神経科心理研修生・東京都教職員職場復帰訓練心理士・大正大学カウンセリングセンター聴講生・文京区教育相談室カウンセラー・日本医科大学付属病院小児科心理相談員・川口保健所心理相談員・武蔵野女子大学学生相談室カウンセラー等)

研究業績Research Results

(※武蔵大学「教員プロフィール」ページより引用、一部編集)

【著書・訳書(一部)】
・ジョン・ロックラン(監修・原著), 武田信子(監修・解説)、小田郁予ほか編『J.ロックランに学ぶ教師教育とセルフスタディ 教師を教育する人のために』学文社, 2019年
・武田信子『保育者のための子育て支援ガイドブック 専門性を活かした保護者へのサポート』中央法規出版, 2018年
・ミーケ・ルーネンベルクほか著, 武田信子ほか訳『専門職としての教師教育者 ―教師を育てるひとの役割、行動と成長』学文社, 2017年
・武田信子, 金井香里, 横須賀聡子編『教員のためのリフレクション・ワークブック 往還する理論と実践』学事出版, 2016年
・山野則子, 武田信子編『子ども家庭福祉の世界』有斐閣, 2015年
・上條晴夫編『教師教育 いま、考えるべき教師の成長とは』さくら社, 2015年(分担執筆)
・現代教師養成研究会編『教師をめざす人の介護等体験ハンドブック[四訂版]』大修館書店, 2014年(分担執筆)
・F. コルトハーヘン編著, 武田信子ほか訳『教師教育学 理論と実践をつなぐリアリスティック・アプローチ』学文社, 2012年
・山野則子, 野田正人, 半羽利美佳編著『よくわかるスクールソーシャルワーク』ミネルヴァ書房, 2012年(分担執筆)

【論文・雑誌・その他(一部)】
・武田信子, 横須賀聡子「「教員のためのリフレクション・ワークブック」活用の新展開~熊本県教育センターの事例」『武蔵大学総合研究所紀要』24,25-35, 2015年
・武田信子「大学・教委の連携研修 リフレクションを基盤としたミドルリーダー育成プログラム」『Synapse』Vol.44, 46-51, 2015年
・武田信子, 坂田哲人, 矢野博之, 横須賀聡子「教師教育のリアリスティックアプローチの展開」『武蔵大学総合研究所紀要』23, 2014年
・武田信子「教師のリフレクションを支援するボトムアップの取り組み」『Synapse』Vol.35, 26-30, 2014年
・武田信子「家庭教育を支える地域力「保護者をコミュニティでどう支えるか」」『日本教材文化研究財団 平成25年度研究紀要』74-79, 2014年
・武田信子「特集「教師教育実践の検証と創造」  教師教育実践への問い―教師教育者の専門性開発促進のために―」『日本教師教育学会年報』21, 巻頭言, 2012年

研究テーマ・研究関心Research Concern

(※武蔵大学「教員プロフィール」ページより引用)
教育心理学・臨床心理学・教師教育学