menu
広島大学教育ヴィジョン研究センター カリキュラムユニット(IBクラスタ)・准教授

木下博義
Hiroyoshi Kinoshita

 EVRIではカリキュラムユニット・IB教育クラスタに所属し,子供と教師の新たな学びを支援するカリキュラムづくりに関わっています。具体的には,IBディプロマ・プログラムで育成を目指す資質・能力のうち,とりわけ科学教育の特徴を分析し,それをもとにモデルカリキュラム,授業プラン,評価プランの構築を目指しています。

研究業績Research Results

【著書】
・木下博義(2017)教科教育研究ハンドブック−今日から役立つ研究手引き−.日本教科教育学会(編),卒業・修士論文研究としての教科教育研究,教育出版,pp.66-71.
・片平克弘・塚田昭一編著,木下博義他13名(2017)小学校新学習指導要領ポイント総整理 理科.片平克弘・塚田昭一(編著),学習指導要領改訂のポイント(A物質・エネルギー),東洋館出版,pp.26-37.

【論文】
・高見健太・木下博義(2017)他者との関わりを通じて批判的思考を働かせるための理科学習指導法の開発と評価−中学校理科「化学変化」の単元における授業実践を通して−.『理科教育学研究』,第58巻,第1号,pp. 27-40.
・Hiroyoshi Kinoshita(2017)Study on Elementary School Teacher Discussion Guidance in Science Observations and Experiments. 『Educational technology research』, 40, 1, pp.41-52.
・Shingo Yamanaka, Hiroyoshi Kinoshita, Toshinobu Maehara(2017)A Study for Training of Critical Thinking Attitude in High School Chemistry—Through the instruction focusing on argumentation—. 『Educational technology research』, 40, 1. pp.53-60.
・中山貴司・木下博義・山中真悟(2017)小学生の批判的思考を育成する理科学習指導法の開発−トゥールミン・モデルの導入と多様な質問経験を通して−.『理科教育学研究』(査読有),第57巻,第3号,pp.245-259.
・古賀信吉・磯﨑哲夫・松浦拓也・木下博義・三好美織・蔦岡孝則・梅田貴士・網本貴一・竹下俊治・富川光・山崎博史・吉冨健一・井上正之・山田秀人(2017)探究的な学習活動を機軸とした中等理科教育の展望.『学校教育実践学研究』,第23巻,pp.19-26.
・鈴木由美子・米沢崇・中井悠加・宮里智恵・木下博義・大後戸一樹・大里剛・西本正頼・松浦武人・田中節子・高橋均・宮谷真人(2017)「学び続ける教員」の育成を目指した広島大学大学院教育学研究科教職開発専攻の取り組み−教育実践開発コースを中心に−.『学習開発学研究』,第10号,pp.33-42.
・植田悠未・木下博義(2017)高等学校化学における教材開発の視点導出に関する基礎的研究−「単体・化合物・混合物」の単元を例にして−.『学習システム研究』,第6号,pp.51-61.
・高見健太・木下博義(2017)他者との関わりを通じて批判的思考を働かせるための理科学習指導法の開発と評価−中学校理科「化学変化」の単元における授業実践を通して−.『理科教育学研究』,第58巻,第1号,pp.27-40.
・木下博義(2018)主体的・対話的で深い学びを生む理科授業づくり.『公益財団法人日本教材文化財団研究紀要』,第47号,pp.60-67.
・山中真悟・木下博義(2018)論証の枠組みに基づく合理的に思考する態度の育成に関する研究−物理基礎「仕事とエネルギー」の単元を通して−.『日本教科教育学会誌』,第41巻,第1号,pp.1-10.
・宮本樹・木下博義(2018)高等学校化学における生徒の主体的なメタ認知育成のための指導法の開発.『日本教科教育学会誌』,第41巻,第1号, pp.11-21.
・Takashi Nakayama, Kosaku Kawasaki and Hiroyoshi Kinoshita(2018)Research on Fostering Critical Thinking through Programming Learning -Focusing on Reflective Thinking in the Unit “Use of Electricity” in 6th Grade Elementary School Science-. 『International Journal of Curriculum Development and Practice』, Vol. 21, No. 1, in Press.
・高橋均・米沢崇・鈴木由美子・大後戸一樹・木下博義・大里剛・中井悠加(2018)「学び続ける教員」を育成するための教員研修に関する調査研究.『学習開発学研究』,第11号,pp.135-142.
・Hitoshi Takahashi, Takashi Yonezawa, Kazuki Osedo, Hiroyoshi Kinoshita, Keita Kameoka, Yuka Nakai and Yumiko Suzuki(2018)Research on in-service training for teachers as continuous learners (2) - Content of and measures related to in-service training -.『教職開発研究』,第2号,pp.9-18.

【雑誌】
・木下博義(2017)何を学ぶか−小学校理科の学習内容はどのように変わるのか−.『理科の教育』,第66号,通巻778号,pp.12-15.
・中山貴司・木下博義・山中真悟(2017)トゥールミン・モデルを用いた批判的思考を育成する理科授業.『理科の教育』,第66号,pp.46-47.
・曽余田浩史・木下博義・西本正頼・大里剛・山中貴司・山木戸啓(2018)アクションリサーチを基軸にした「探究・創造・協働の学び」の展開−アクティブ・ラーニング型の探究を通して−.『2017年度日本教職大学院協会年報 実践研究成果集』,pp.1-20.
・平松敦史・佐々木康子・志田正訓・井上純一・内海良一・大方祐輔・梶山耕成・加藤祐治・岸本享子・杉田泰一・樋口洋仁・磯﨑哲夫・木下博義・古賀信吉・竹下俊治・蔦岡孝則・松浦拓也・三好美織・山崎博史(2017)理科におけるアクティブラーニング型授業の構造化.『広島大学学部・附属学校共同研究紀要』,第45号,pp.77-87.
・木下博義(2018)理科に求められるクリティカル・シンキングと指導の実際.『理科の教育』,第67号,通巻794号,pp.14-17.
・角屋重樹・木下博義他14名(2018)これからの時代に求められる資質・能力を育成するための理科学習指導の研究.『公益財団法人 日本教材文化研究財団』,pp.1-159.

【発表】
・三好克哉・木下博義(2017)中学校理科における合意形成能力育成に関する研究一合意形成場面のモデル図を用いた実践を例にして一.第67回日本理科教育学会全国大会,福岡教育大学(宗像市)一般講演,2017年8月5日.
・中山貴司・木下博義・山中真悟(2017)小学生の批判的思考を育成する理科学習指導法の開発一トゥールミン・モデルの導入と多様な質問経験を通して一.第67回日本理科教育学会全国大会,福岡教育大学(宗像市)一般講演,2017年8月5日.
・松浦拓也・木下博義・清水欽也・後藤顕一・寺本貴啓・川崎弘作(2017)理科の指導についての教師の認識と学力に関する基礎的考察一全国学力・学習状況調査を基盤として一.第41回日本科学教育学会年会,サンポート高松(高松市)一般講演,2017年8月30日.
・豊島悠也・木下博義(2017)高等学校物理における生徒の自己評価に関する研究ー生徒の実態調査を中心にしてー.第43回日本教科教育学会全国大会,北海道教育大学(札幌市)一般講演,2017年9月9日.
・三好克哉・木下博義(2017)中学校理科における合意形成能力育成に関する研究ー合意を形成するための各過程における手立てを取り入れた実践を例にしてー.第43回日本教科教育学会全国大会,北海道教育大学(札幌市),一般講演,2017年9月10日.
・中山貴司・川崎弘作・木下博義(2017)小学校理科における「見方」に関する一考察ー「地球「生命」領域を中心にー.第43回日本教科教育学会全国大会,北海道教育大学(札幌市)一般講演,2017年9月10日.
・山木戸啓・木下博義(2017)高等学校化学における科学的能力の育成に関する研究ー科学的探究を評価して計画する力に着目してー.第44回日本教科教育学会全国大会,北海道教育大学(札幌市),一般講演.2017年9月10日.
・佐竹章由・木下博義(2017)中学校化学分野におけるICT教材の有効性に関する研究ーAR技術による粒子概念構築を目指してー.第45回日本教科教育学会全国大会,北海道教育大学(札幌市)一般講演,2017年9月10日.
・Takuya Matsuura and Hiroyoshi Kinoshita(2018)An Analysis of Teaching Methods in Science Lessons: Based on the Results of National Assessment of Academic Ability in Japan.『International Science Education Conference 2018』.
・木下博義(2018)「教科内容学と教科教育学の協働による理科授業の展開」.第68回日本理科教育学会全国大会,岩手大学,一般講演,2018年8月4日.
・中山貴司・川崎弘作・木下博義(2018)「プログラミング学習による批判的思考力の育成に関する研究ー小学校理科第6学年『電気の働き』における反省的な思考の働きに焦点をあててー.第68回日本理科教育学会全国大会,岩手大学:一般講演,2018年8月4日.
・中山貴司・川崎弘作・木下博義(2018)「高等学校物理における生徒の自己評価に関する研究ー単元『波』での活動を事例にしてー」.第68回日本理科教育学会全国大会,岩手大学,一般講演,2018年8月4日.
佐竹章由・木下博義(2018)高等学校化学におけるAR教材の有効性に関する研究ー単元「熱運動と物質の三態」における粒子概念理解を目指してー.第68回日本理科教育学会全国大会,岩手大学,一般講演,2018年8月4日.
・宇谷亮介・木下博義(2018)中学校理科における科学的概念の理解に関する実践的研究ーラーニング・プログレッションズの考え方に着目してー.第44回日本教科教育学会全国大会,日本体育大学,一般講演,2018年9月8日.
・山木戸啓・木下博義(2018)高等学校化学における科学的能力の育成に関する研究ー与えられた問いを科学的に探究する方法を評価する力に着目してー.第44回日本教科教育学会全国大会,日本体育大学,一般講演,2018年9月8日.
・佐竹章由・木下博義(2018)高等学校化学におけるAR教材を用いた授業開発に関する研究 ー単元「イオンとイオン結合」における科学的概念理解を目指してー.第44回日本教科教育学会全国大会,日本体育大学:一般講演,2018年9月8日.
・豊島悠也・木下博義(2018)高等学校物理における生徒の自己評価能力育成に関する研究ー単元「仕事とエネルギー」での活動を事例にしてー.第44回日本教科教育学会全国大会,日本体育大学,一般講演,2018年9月8日.
・西村洸・佐伯貴昭・木下博義(2018)中学校理科における思考スキルの活用に関する研究ー国際バカロレア中等教育プログラムに着目してー.第67回日本理科教育学会中国支部大会,島根大学,一般講演,2018年11月17日.
・桂木浩文・木下博義(2018)知識基盤社会に求められる資質・能力を育成するための中学校理科学習指導に関する研究.第67回日本理科教育学会中国支部大会,島根大学,一般講演,2018年11月17日.

【その他、報告書や翻訳等】
・広島大学附属学校園 研究推進委員会(2018)社会のグローバル化に対応した初等中等カリキュラムの開発Ⅴ−大学と連携した研究開発システムの構築に向けて−.『広島大学附属学校園研究推進委員会報告書』,共著 木下博義,pp.1-83.
・草原和博・木下博義・松宮奈賀子・川合紀宗・三好美織・影山和也・川口広美・棚橋健治・山元隆春・間瀬茂夫・兼重昇・永田良太・岩田昌太郎・井戸川豊・吉田成章・森田愛子・桑山尚司・大坂遊・吉川友則(2018)教育ヴィジョン研究センターの企画・運営戦略に関する研究(2).『広島大学大学院教育学研究科共同研究プロジェクト報告書』,16巻,pp.69-76.
・鳴川哲也,木下博義他20名(2018)小学校学習指導要領(平成29年告示)解説理科編.東洋館出版,pp.31-32,47-48,48-50,63-64,77-78,78-80.
・鳴川哲也・山中謙司・村山哲哉・伊勢明子・大井隆・小田孝仁・菅野望・木下博義・小早川覚・小林まり子・紺野高裕・猿田祐嗣・鈴木康史・鷲見辰美・田村正弘・成田恵・馬場賢・日置光久・増田由香里(2018).平成24・25年度小学校学習指導要領実施状況調査報告書 結果のポイント及び教科等別分析と改善点.文部科学省,国立教育政策研究所,pp.1-492(小理1-53).
・Takuya Matsuura and Hiroyoshi Kinoshita(2018)An Analysis of Teaching Methods in Science Lessons: Based on the Results of National Assessment of Academic Ability in Japan. 『International Science Education Conference 2018』, p.205.

研究テーマ・研究関心Research Concern

科学教育
授業研究
メタ認知
クリティカルシンキング

関連するWEBサイトRelated Website