menu

第35回定例セミナー 「学校の「普通」はだれにとっての「普通」なのかー性的マイノリティを排除しない学校空間を目指してー」を開催します(2020.2.26.Wed)

公開日:2020年01月21日 カテゴリー:イベント

セミナーNo.35完成のサムネイル

 


広島大学インキュベーション研究拠点「教育ヴィジョン研究センター(EVRI)」は、2020年2月26日(水)に第35回定例セミナー「学校の「普通」はだれにとっての「普通」なのかー性的マイノリティを排除しない学校空間を目指してー」を開催します。

LGBTQって何だろう?教師として何ができるのだろう?本セミナーでは、性的マイノリティを包摂する学校空間をどのように創っていくかについて一緒に考えてみましょう。とくに教員志望の学生・院生、学校関係者の参加をお待ちしています。

 

参加をご希望される方は,下記のフォームからお申込みください。


【日時】 2020年2月26日(水)13:00-14:30
【会場】 広島大学大学院教育学研究科第3・4会議室(会場を変更しました)
【演題】 学校の「普通」はだれにとっての「普通」なのか
ー性的マイノリティを排除しない学校空間を目指してー
【講師】 【ファシリテーター】
白石愛
(M2:体育科教育学),村田一朗(B4:社会科教育学)
【発表者】
高藤真作
(D3:心理学),櫻井瀬里奈(M1:教育学),董星宇(M1:心理学),清末有紀(M1:心理学)
【世話役教員】
岩田昌太郎(准教授:健康スポーツ教育学講座),川口広美(准教授:社会認識教育学講座)
【言語】 日本語
【主催】 広島大学教育ヴィジョン研究センター(EVRI)

*参加費無料

 

【2月26日講演会お申込みフォーム:Application form】
※必須項目を記入し、送信ボタンを1度押してください(Please fill in the required items and press the send button once)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。