menu

第12回定例セミナー「フィリピンにおける理科の教員養成の現状と課題」を開催しました

公開日:2018年10月25日 カテゴリー:開催報告

 

広島大学インキュベーション研究拠点「教育ヴィジョン研究センター(EVRI)」は、「カリキュラム研究ユニット」に関連して、自然システム教育学講座と次世代科学教育プロジェクトセンターと共催し、第12回定例セミナー「フィリピンにおける理科の教員養成の現状と課題」を開催しました。

本セミナーでは、フィリピンで教員養成を行っているCentral Bicol State University of Agricultureより学部長と大学教員、博士課程の大学院生をお迎えし、広島大学の三好美織先生と大学院生とともにご講演いただきました。

 

講演「フィリピンにおける理科の教員養成の現状と課題-Science Teacher Education in Philippines:Current Situation and Challenges」

主催:自然システム教育学講座・次世代科学教育プロジェクトセンター
共催:広島大学インキュベーション研究拠点「教育ヴィジョン研究センター(EVRI)」


Central Bicol State University of Agricultureからは、理科教育の現状と課題、理科教員養成のカリキュラムと取り組み、大学院生それぞれの研究トピックについて紹介いただきました。また、広島大学からは三好先生による中等理科教員養成の現状についての報告と、大学院博士課程前期・教科教育学専攻自然システム教育学専修の学生による修士論文研究の内容や研究枠組みなどに関する紹介がありました。

本セミナーを通して、両国の教育や教員養成システムについての相互理解を図るとともに、大学院生同士の研究交流を行う貴重な機会となりました。今後、研究協力や共同研究など、さらなる交流の発展が期待されます。

 


本セミナー前には、Central Bicol State University of Agriculture及び広島大学の先生方と院生で昼食会を開きました。フィリピンの先生方や院生のみなさんはとても明るく、笑顔の多い昼食会となりました。


講演の詳細は、EVRIの活動報告書(EVRI Letter)をご覧ください。
(画像をクリックするとPDFが開きます)

 

EVRI Letter No.34のサムネイル

[EVRI Letter No.34]


教育学研究科HPでも掲載されております!(準備中)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。