menu

【お知らせ 】「教師教育者のためのセルフスタディー研究の歴史・思想から実際までー」オンラインセミナーシリーズ

公開日:2020年09月01日 カテゴリー:お知らせ

10月より新たにスタートするシリーズ「教師教育者のためのセルフスタディー研究の歴史・思想から実際までー」をご案内します。

【趣旨】
2010年代以降,教職大学院の拡充や教員養成コア・カリキュラムの制定など,教師教育を取り巻く状況は大きく変化している。それにともない,「教師を育てる人=教師教育者はどのような資質・能力が求められるのか」「教師教育者はどのように自らの実践の中で研究を行っていくのか」といった議論が展開されている。
学校教員には自らの授業実践の中で研究をするよう指導しているにも関わらず,教師教育者は自らの実践を研究することはほとんどない。こうした状況は,学校現場から大学へ異動して教員養成や教職大学院に関わることとなった教師教育者も同様であろう。学校現場で若手教員や教育実習生を指導したり,教育委員会・センター等で教員研修に携わったりしている教師教育者も,自らの実践を研究することは想定されてこなかったのが実態ではなかろうか。
こうした中で,近年の欧米において,教師教育者が自らの実践とこれまでの自分を対象とした学術研究を行い,その成果を学会や論文等で発信する動きが注目されている。これを「セルフスタディ(Self-Study)」という。こうした一連の研究プロセス自体が,教師教育者の専門性開発にも寄与するものであるとされている。
欧米では,このような自己の教育実践に根ざした学術研究が思想・方法論として確立されてきている。近年,日本でも武田信子監修(2019)『J.ロックランに学ぶ教師教育とセルフスタディ』などで紹介されるようになった。しかし,日本においては,まだセルフスタディを行うための具体的な研究の手続きについて認知されておらず,実践事例の蓄積にも乏しい。そこで今回,日本におけるセルフスタディの研究・実践を始めている教師教育者有志で,日本初のセルフスタディの研究書である『セルフスタディをどのように行うか』を出版したい。それに向けて,EVRIで連続セミナーを実施していきたい。

世話役:齋藤眞宏(旭川大学)、大坂遊(徳山大学)、渡邉巧(広島大学)、草原和博
セミナーの情報はイベント一覧で更新してまいります:http://evri.hiroshima-u.ac.jp/4887
年月日 タイトル 講師
(ご登壇順)
 
①2020年10月 4日(日) 「教師教育者のためのセルフスタディー研究の歴史・思想から実際までー(1)」
   司会:齋藤眞宏(旭川大学)、渡邉巧(広島大学)大坂遊(徳山大学)
齋藤眞宏(旭川大学)、大坂遊(徳山大学)、渡邉巧(広島大学)、草原和博武田信子(元・武蔵大学) 教師教育者のためのセルフスタディのサムネイル
②2020年12月6日(日) 「教師教育者のためのセルフスタディー研究の歴史・思想から実際までー(2)」
   司会:大坂遊(徳山大学)
佐々木弘記(中国学園大学)、山内敏男(兵庫教育大学)、大西慎也(京都ノートルダム女子大学)、木原成一郎(広島大学)・岩田昌太郎草原和博  
③2021年2月7日(日) 「教師教育者のためのセルフスタディー研究の歴史・思想から実際までー(3)」
   司会:斎藤眞宏(旭川大学)
金鍾成、渡邉巧(広島大学)、大坂遊徳山大学)、大村龍太郎(東京学芸大学)吉田成章
④2021年3月7日(日) 「教師教育者のためのセルフスタディー研究の歴史・思想から実際までー(4)」
   司会:渡邉巧(広島大学)
西田めぐみ(アイスランド大学・大学院生)、内田千春(東洋大学)、齋藤眞宏(旭川大学)、米沢崇(広島大学)
⑤2021年5月9日(日) 「教師教育者のためのセルフスタディー研究の歴史・思想から実際までー(5)」
   司会:齋藤眞宏(旭川大学)、渡邉巧(広島大学)大坂遊(徳山大学)
武田信子(元・武蔵大学)、齋藤眞宏、大坂遊徳山大学)、渡邉巧(広島大学)、草原和博丸山恭司

本イベントに関するご意見・ご感想がございましたら、
下記フォームよりご共有ください。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。